1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
メンテナンス・ディ
- 2011/06/19(Sun) -
110619☆a00
雨の続く季節。きょう日曜日の予報も見事に雨になってしまいました。ま、涼しいからいいんですけど^^;

110619☆a01 110619☆a02 110619☆a03
左:こういうお天気の時は道具修理など。またまたAOさんとこの工房にお邪魔して、キャノピー補修など。
中:ブレークラインのスイベル(滑車)が破損していたので、新品交換し縫い付けて貰ったのだ。
右:今まさに改造中のヘルメットを拝見。ここまで加工するとは流石である。なかなかできないでしょう。

110619☆a04 110619☆a05 110619☆a06
左:GPSはガーミン401。気圧高度計装備にこだわりがあるのだ。軽量小型でこれもよし。
中:よもやま話に花が咲くが、窓外の天候状況、風の具合が見えるのがうらやましい限り。
右:そのA0さん工房には、附属の専用飛行場^^がある恵まれた環境。キャノピーの立ち上げだけでも充分できる。

110619☆a07 110619☆a08 110619☆a09
左:そうは言えどもやはり雨は落ちてきて飛ぶことは適わず。高良神社に参拝することに。
中:階段がかなりある訳だが、運動不足解消も兼ねてこれくらいは登り降りしなくては。
右:朱塗りの門も立派で、端正な造りはめりはりが効いている。

110619☆a10 110619☆a11 110619☆a12
左:本殿は江戸初期の権現造(ごんげんづくり)で、柿葺(こけらぶき)の社殿である。霧が深いのが残念。
中:標高250mの山上に、このような総ケヤキ造りの社殿を建てただけでも大変な労力であったと思われる。
右:細かい装飾も相当な年月を経ているが、それはそれとして修復されつつ国の重要文化財に指定されている。

110619☆a13 110619☆a14 110619☆a15
左:こんな天候でも、ボツボツ参拝客がいるのだ。
中:こま様を拝見するが、これはまた堂々とした姿勢で、スリムボディを表現している。
右:「阿形(あぎょう)」の口を開いているこま様も、実に姿勢が立派である。

110619☆a16 110619☆a17 110619☆a18
左:雨が降ったり霧が出ていかばかし・・・と思いきやかえって幻想的な風景なのである。
中:もう終わってしまった祭りの案内ではあるが、この「へこかき祭り」の表現は何としよう。
右:7才児で、「へこかき男」「ゆもじかき女」という由縁のありそうな表現である。厄年の大人もみな赤ふんどしで神事を行うのである。

110619☆a19 110619☆a20 110619☆a21
左:毎度の食材メモ。気になるちゃんぽん具材。カラフルなかまぼこ類は、これがあると一気にちゃんぽんらしくなるのだ。
中:ちゃんぽん生麺も10食入りひとふくろなので、一食80円しないのだ。この積み方からして相当食べるわけだ。
右:普通はこういった2食入り・3食入りの生麺を買うが、拙者の場合は冷凍ゆで麺と決めている。

110619☆a22 110619☆a23 110619☆a24
左:長崎皿うどんも、当地では大量に消費されている。拙者の場合長崎の修学旅行で食べて以来ほぼ無い。
中:うどん・・・と言われても、実態はバリバリの固い焼きソバなのである。これが多少ふやけた感じがまた良い。
右:なぜか高級な箱入り麺は値段が張るような気がしてしまう。レトルトカレーは箱入りの方が保管上良いが。

110619☆a25 110619☆a26 110619☆a27
左:全然九州とは正反対の北海道ラーメン。「熊出没注意」・・・はファッション感覚だが、実際に出没する地区はとんでもない事なのだ。なぜか最近は団地や市街地に迷入してニュース沙汰である。
中:辛ラーメン・・・標記は「ジンラーメン」。これのカップも手軽かも。これも日本人向けに中辛と辛いバージョンとある。拙者には中辛で充分。
右:何とマルタイは「棒ラーメン」が有名だが、それのカップ版もある。拙者は豚骨味でなく、醤油味を買った。早速実食してみたが、予想以上に美味い。あっさり味はよく再現されていて、海老の具材と出汁が良すぎなのである。単純に再現するだけでなく、食べて「美味い」製品でないと消えゆく運命なだけに、開発側も相当工夫している。

110619☆a28 110619☆a29 110619☆a30
左:距離的に沖縄が近いだけではないが、海ぶどうも大量販売されている。ミニミニのぶどう果実のような海藻。
中:これまた関係ないキムチだが、大食いのフードファイター「ギャル曽根」が宣伝もする。こんなに食べて太らないのはうらやましい話なのだ。
右:この伝統的な軽いお菓子。商品名が「やきもち」とは知らなかった。食べ始めるとドンドン食べてしまう魔力がある。ただしノードリンクは困難。どうも炭酸飲料が飲みたくなってしまうのだ。
 梅雨どきゆえ、雨が降り続くのは仕方ないことであるが、メンバー皆さんもずっと飛べていないので、相当やきもきしていることと思う。ただし梅雨が明ければ酷暑がきそうで、とりあえずこの涼しさと日長を楽しむことで、この季節を過ごしていきたいところである。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(0) | ▲ top
ぱん・ぱん・ぱんだでダダンぱダン^^
- 2011/05/29(Sun) -
110529☆a00
Aoさんとこの工房の作品であります。これは嬉しいなぁ。有難い&有難い^^。よく見れば布の当て張りでなく、糸で緻密に組み込んであるのだ。

110529☆a01 110529☆a02 110529☆a03
左:エンジンハーネスに実装してみると、こんな感じになるそうです。これなら誰の持ち物かスグ判るし^^。
中:0嬢専用のハーネスバックも製作したとか。これもナカナカ粋だよねぇ。
右:これはAoさん本人のハーネス。風神がライズアップして駆け出している図也^^。「良風祈願」かな。

110529☆a04 110529☆a05 110529☆a06
左:前回工房にお邪魔した時に拝見したマシン。やはりプロの道具は違う。
中:話が相当飛ぶ訳ですが、こちら筑後川はムツゴロウさんの故郷だそうな。それで有明海の「ムツゴロウ」のネーミングになった。
右:有明海の「ムツゴロウ」といってもどんな魚かわからない人も多いと思うので、こんな魚なのである。ここから「ムツゴロウと愉快な仲間たち」まで相当距離があったかも。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(0) | ▲ top
機材も車も工夫次第^^
- 2011/05/07(Sat) -
110507☆a00
これからの季節、カーサイドタープが大活躍。軽ワンボックスにこんな手作りタープはいかが?

110507☆a01 110507☆a02 110507☆a03
左:Nkmrさんのオール手作り。レールは直接ネジ留めでノープロブレムなのだ。好き勝手やってヨシ!
中:スリット溝のカーテンレール形状。鍍金はドブ付け。エンドはめくら蓋。実用第一主義で結構。
右:末端部にロープを縫いこんであります。耐水カーテン生地の末端部をスリットに通すだけでよいのだ。これは素晴らしいアイデア。

110507☆a04 110507☆a05 110507☆a06
左:5/7本日の両筑エリア状況。北西の風1~2m曇り時々晴れ。午後一時雨、西の風5~6m。
中:まずは一本飛ばないと落ち着かないのだ。雲量多く川面を雲が一緒に動いて面白いのだ。要は水面が真っ平らなのだ。本来はこういうのこそ動画で撮らないと説明に苦しむ^^;
右:曇っていても時折晴れる。するとやはりサーマルがポコポコ出る。ま、大した事はないケド。

110507☆a07 110507☆a08 110507☆a09
左:耳納山方面を望む。山飛びエリアがあるので、一度は見ておきたい・・・と思いつつ後回しになっている。
中:ななし機発見。本来「名無しさん」とすれば誰かニックネームを付けるのだが、延々と名無し固定だという。
右:そんな名無し機「アクション」に追従する。向こうはトリムちょい開け。こちらは毎度のトリム全開で速度はほぼ同じである。

110507☆a10 110507☆a11 110507☆a12
左:この田園風景と山のバランスがいいのだ。今は麦の穂が出揃い、来月は刈り込む時期となる。国産小麦の生産地であり、うきは市は製麺業が盛んなのである。
中:Nkmrさん離陸風景。ライズアップが若干揺れてもうまく収束させて離陸するのだ。
右:晴れればこんな空。所々の弱いサーマル頻発で、ふわふわバウンドしながらの飛行に見える。


Nkmrさんパワーランディング

110507☆a13 110507☆a14 110507☆a15
左:マイクさん離陸。かなり風が強まってきた。状況が良くない時は、どこでもすぐに降りてしまえばいいのだ。
中:本日は少数精鋭ながら、毎度のメンバー。今日は奈多海岸に出向いた2名も飛べたようです。
右:名無しさん、またまた離陸。この時点では風は穏やかであった。この後の離陸が強風のフロントライズアップなのである。


ななしさん強風のフロントライズアップ。立ち上げ時にかなりバックするが耐える。更に離陸は一瞬^^;

110507☆a16 110507☆a17 110507☆a18
左:小野田航空隊からOdwrさん登場。本日はこちらの実家の結婚式の余興係りを買って出る。
中:これが奇術道具色々。みな購入したり自作したり苦労されているのだ。本来はエンジンとキャノピーを積んでいる。
右:ネタをひとつ見せて貰う。素人にしては見事なもの。次回はエンジン搭載して飛びに来てくださいませませ^^。


小野田航空隊のOdwrさん手品ボランティアのネタ披露。話に聞いた事はあれど、これは初めて見たかも。


110507☆a19 110507☆a20 110507☆a21
左:名無し機の目下の悩みは、エキゾースト隙間からの排気汚れ。ペラに真っ黒なのが付いてしまうのだ。
中:そこで、灰色の液体ガスケットを塗りこんで、スタッドボルトのナットをきつめに締めてみた。更にダブルナットで対策。
右:Nkmrさんは九州一周フライトツアーは終え、キャンプ料理は日常作業。これ災害時には貴重な機材となる。日頃から慣れておくのも良い事。食材も適度に更新されるしね。

110507☆a22 110507☆a23 110507☆a24
左:軽箱バン改造ほど楽しい事はない。ハイルーフを仕切って長物収納庫。エンド部はナイロンテグスでネット張り。しかしこの手法が韓国ハヌルのやり方そっくり。
中:拡大すればテグスの色も青で同じとし、ループをネジ留めする手法もハヌルそっくりで愉快。
右:ユニットガードのテグスに写真のピントが合わないのが残念。見た事がある人には判る例の留め方なのだ。こういうお遊び的な事もお楽しみのうちなのだ^^。
 
110507☆a25 110507☆a26 110507☆a27
左:筑後川の自然も様々に豊かである。花の名前が例によってわからないが判明したら掲載したい。青い花は珍しい色。
中:これはアザミ。堤防は草刈されるので、背丈は低めなものが多い。
右:これもよく見る黄色い花なんですが、名前が出てこないのである。こうして恵まれた自然の中で飛べる事に感謝したい。


ななしさん無線状況。咽頭マイクの位置で音質がかなり変わるのである。実際どんな聞こえ方をするか参考までにアップしておきます。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(2) | ▲ top
エリアで修理と動画比較テスト
- 2011/05/06(Fri) -
110506☆a00
きょう金曜日は平日なのである。仕事は当然するがエリアが気になり夕刻立ち寄る。自分の写真が少ない・・・という事でおフザケモードで撮って貰う。やはりエリアでは気分開放でテンションもはじけてしまうのだ^^;

110506☆a01 110506☆a02 110506☆a03
左:本日5月6日の風状況。両筑エリア北東の風3~4。時々強め。曇天であるが安定感がない。
中:そんな中、本家北Mさんが修理をしていた。家の中では出来ない事を、エリアでは何でも出来るのだ。
右:修理そにょ①GPSステーがタンデムバーと干渉するので、スリム化しちゃうのだ。

110506☆a04 110506☆a05 110506☆a06
左:修理そにょ②リコイルの部品割れ交換。
中:リコイルロープも頃良い具合に巻き直す。
右:セット完了。このファンカバーが鋳物なので中心軸と溶接できないのが難点。

110506☆a07 110506☆a08 110506☆a09
左:プロペラもシリコンスプレーで磨きこんでツルンツルンになりました。汚れ防止にもなります。
中:キャノピーは4機積載。2機ソロ用、2機タンデム用(借用のものも含む)
右:エリアから北東方向の竹藪がこんもり盛り上がって、風向きによってはローターが噛みます。

110506☆a10 110506☆a11 110506☆a12
左:これですが、盛土ではなく、笹竹の一種が2~3m程度にコンモリ茂って、小山のようになっているんです。
中:笹あるいは竹だと思いますが、少々カットしてこざっぱりするとよろしいかも。
右:品種はよくわかりませんが、葉の形は竹のようで、枝分かれがたいへん多くコンモリしてしまうんですね。


ここから動画のサイズテスト
①0320画素・・・いちばん小さく軽い


②0640画素・・・これでどうでしょう



③1280画素・・・HDですが、だんだん重く。でもしばらくこれでイッテみるかなー



④1920画素・・・HDで超重いわ^^;


この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(4) | ▲ top
またもや秘密工場に潜入せり^^
- 2011/04/20(Wed) -
110420☆a00
福岡の甘木に「しか鮨」なる惣菜屋ありけり。寺の裏にあるゆえ覗きけるに洋文字の洋館なり。別名「トレブルコーン」なる動力飛翔の基地たり。

110420☆a01 110420☆a02 110420☆a03
左:様々な乗り物が集合するこの館は、聞くところによるとコンテナハウスなむ言いける。
中:表の看板は、正業である弁当・おかず・寿司・鉢盛などしつらえるいわゆる仕出し屋なのである。
右:ここのオーナーである「Hata」氏によれば、表の自家栽培の畑、裏には広大な田があり、充分離着陸可能なのだという。

110420☆a04 110420☆a05 110420☆a06
左:もう一方のコンテナハウスを覗きければ、各種ユニットや工具などがひしめいているのであった。
中:形容とすれば「おもちゃ箱をひっくり返したような」とも言えるかもしれない。
右:ポリーニが何台も吊るされていたり・・・これはすごい雰囲気。

110420☆a07 110420☆a08 110420☆a09
左:何が何だかにわかに理解しがたい状況なのであった。しかし皆さんよくここにこもって修理などしているらしい。
中:今も機械の修理中であったらしい。どれが本業なのか、よくわからない状態なのであった。
右:全然脈絡も無い事ながら、この似顔絵看板のうどん屋が気になっていたので、本日特攻した。

110420☆a10 110420☆a11 110420☆a12
左:ところが、正攻法でうどんを攻めるべき所が、誤って蕎麦攻撃をしてしまった。これはこれで美味かったのでセーフであった。
中:順番がおかしいが、スーパーで有明海産の地物のくらげを発見す。くらげは好物なれど、生物だけにかように大量に買い求めて確かめる訳にも参らぬ。味は新鮮なので、たぶん美味かろう。
右:これは初見である。くじら南蛮漬。何味なのか想像がつかない。このまま食すのか、熱を通すのか疑問たが残ってしまった。まだまだ謎の食材が見え隠れする福岡ライフなのであった。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。