1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
黄砂の世界
- 2011/05/02(Mon) -
110502☆a00
大刀洗町に、今村カトリック教会あり。大正2年建築の赤レンガ造りの教会堂は、福岡県指定有形文化財に指定されている。

110502☆b01 110502☆b02 110502☆b03
左:さて、本日5/2は黄砂襲来。何とドームも霞むほどの天候だったわけである。
中:仕事が終わって両筑エリアに来れば、霞んでしまって何とやら。ただし風は随分落ち着いていた。
右:きょうは、何と佐賀の方からSky100EVOを高級車メルセデスに積んでやってきた。これから飛びたい・・・というお話であった。

110502☆b04 110502☆b05 110502☆b06
左:このヴィトラッチ製エンジンは、他のエリアから問い合わせがあった例のエンジンである。うーん、ピカピカだけど、この車がガソリン臭くなってしまわないか要らぬ心配をしてしまう。
中:最近エリア近くに移転されたFkdさんは、GTのガードを屋根搭載。これは真似してみたいところである。
右:また脈絡のない映像だが、さすが福岡県。普通のスーパーに巨大な「からし明太」の専門店を構えている。それとボチボチ売れているのがまたえらい。やはり白いご飯に明太・・・ってのが標準的な食卓の風景かもしれない。

110502☆a01 110502☆a02 110502☆a03
左:黄砂の日ではなく、晴天の日に訪問した。これは教会づくりで名高い鉄川与助氏の作である。住宅地の中に忽然と現れる教会に驚く。
中:正面に六角形の双塔を持つロマネスク様式。これは長崎の旧浦上天主堂と同様のデザインである。
右:教会の本堂のみならず、入り口も壁や周囲の建物も雰囲気を同期させ、赤レンガを使用している。


110502☆a04 110502☆a05 110502☆a06
左:オール煉瓦の壁も、日本建築の土塀の屋根掛けと同じ手法で組まれており、ここは日本のオリジナリティがある。
中:変形煉瓦を多用した装飾組みは、特殊な煉瓦が要るので修復が困難。代替パーツは1から焼かなければならない。
右:石のアーチを使用した部分がアクセントとなっている。ステンドグラスがはまる。

110502☆a07 110502☆a08 110502☆a09
左:アーチ煉瓦は、Rの大きさにより部品は変えているが、微妙なRは目地で巧みに調整するしかない。浮き煉瓦が相当困難。
中:石柱を組み込んである。単純に沿わせただけでは構造的に持たない。オール現物合わせで組んだ物と思われる。
右:突出が3段になっており、単純に立て刺ししただけではこうならない。考える方も組む方も悩みながら組み立てたに違いない。

110502☆a10 110502☆a11 110502☆a12
左:天頂石(キーストーン)とサブで石サイズを変えた上、途中に煉瓦を挟む。凝った仕様を厭わずこなしている。Rがなかなか合わない。
中:教会前広場では、子供たちが野球をしていた。
右:なぜここまでデザインを凝るのか。費用も時間もたっぷり使って仕上げた。明治29年(1896年)改築計画し、結局大正2年(1913年)完成。

110502☆a13 110502☆a14 110502☆a15
左:天井付近の汚れは、足場を組んで清掃したが届かなかった部分という。一番の悩みは鳩の糞の汚れである。
中:裏側も煉瓦塀が続く。当然ながら鉄筋など入っていない壁構造なので、地震などで崩壊した部分も何とか修復している。
右:突然関係ない話題だが、久留米に近いこちらには、焼き鳥店がたくさんある。一度は突撃しなければ。ビール無しなんて許されない。

110502☆a16 110502☆a17 110502☆a18
左:「大刀洗町という風変わりな町名は、正平14年(1359)の歴史に基づく。菊池武光が刀を洗った川がある。
中:詳しい話は生々しいので書かないが、面白いのは戦で疲れたのでこの地で休息したことである。刀もボロボロだったという。
右:この銅像の台座には、それ以上に生々しいが、昭和20年の大刀洗飛行場爆撃時の名残の弾痕がある。

110502☆a19 110502☆a20 110502☆a21
左:それと素晴らしいのは、この大刀洗公園。水と芝生の構成が瑞々しい。
中:ボール遊びをするには、ちと狭いかもしれないが、住宅地に程近く静かな公園は綺麗に管理されている。
右:川の流れと木橋。石畳と東屋のバランス。公園の造形が非常にうまくいっているミニ見本のような造りである。
スポンサーサイト
この記事のURL | エリア情報 | CM(2) | ▲ top
<<久方のオノダ訪問と下関ファミリー | メイン | 強風日の観光モード>>
コメント

子供の頃は黄砂なんて知らなかったレベルなのに(東京)今じゃ当たり前になっちゃった。うーん・・・。これじゃぁチャリダー変身できないよー
2011/05/03 13:37  | URL | ruka #-[ 編集] |  ▲ top

被災ちゃり
rukaさん、黄砂猛烈ですね。
ゴーグルして仮面チャリダーに変身しちゃいましょうか?
当方仙台で震災被災した際、逃げる際チャリはやむを得ずアパートに放置したまま。
これもこの際、仕方ない事ですよね。
2011/05/04 20:58  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。