1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
岩出山バルーン&東日本大会
- 2010/11/20(Sat) -
101120☆a00
きょう土曜日は最高の天気。晴れ男&晴れ女が大集合なのか。岩出山バルーンとパラモーター東日本大会の初日であります。

101120☆a01 101120☆a02 101120☆a03
左:6時にバルーンスタートだが、起きたのが朝6時。現着は7時だったが、まだバルーン離陸前。
中:比較的のんびり大会のようで、時間が越えようが平気なのだ。今回はそれがかえって幸いしたよ^^。
右:北西微風で最高のコンディション。行ってらっしゃーい!

101120☆a04 101120☆a05 101120☆a06
左:競技バルーンが出きったので、パラモーターの東日本大会の説明。当のパンダは仕事が立て込んで、フリーフライトのみとした。
中:例のXジェネレーションのポリーニ。いろいろ改良点があるそうです。
右:風向きが上空で代わったりして、ボチボチバルーンが戻ってきています。珍しい事もあるもんだ。それとパンダガードが観客に結構人気がありました。

101120☆a07 101120☆a08 101120☆a09
左:競技の皆さんが飛び立ちましたので、追っかけてチョイ飛び。
中:会場内は係留バルーンや、マイクロライトプレーンなど。
右:このバルーンはほぼピンポイントで会場に戻って来たが、着地せずにパスしていく。完全リターンでも高得点にすれば面白いが、リスクが高すぎるのかな。

101120☆a10 101120☆a11 101120☆a12
左:どの大会でもそうだが、すぐ近くの田んぼに降りてしまって、そのままスタンドアップ状態で粘っている気球が必ず居る。作戦なのか偶然なのかしらん?
中:シークレットマーカーを追っているメンバー達。おいらは気楽に飛べていいのだ。それにしても暖かく風安定で、こんないい大会は珍しい。
右:戻ろうとしたら、あんな所を飛んでいる機体がある。追いかけたらマーカーを探しているのか、くるくる廻っていた。

101120☆a13 101120☆a14 101120☆a15
左:会場に戻れば、先ほどのバルーンがまだうろうろしていた。上空では無動力のバルーンが当然優先である。降りようと思えば会場にきちんと降りられそうだが、間髪を入れずにスパッと操作しないとバルーンはチャンスが無くなる。
中:他に数機のバルーンが戻って来たが、やはり様子見をしているうちに風の方向が変わって戻れなくなる。なかなかむずかしいものだ。
右:それにしても、バルーンが戻ってきて偶然ながら一緒に飛べるなんて、普通ではなかなか無いのだ。通常のバルーン大会は、行きっぱなしでさようなら・・・がほとんど。

101120☆a16 101120☆a17 101120☆a18
左:例のようにリボンを牽引したり・・・これが目立つし、足の抵抗も少ないし、これからかこれがいいね。
中:それにしても暖かく風穏やかで、風向も切り替えがあってバルーンが戻ってくる・・・こんな好条件はなかなか無いね。
右:天高く風に乗る色熱気球。

101120☆a19 101120☆a20 101120☆a21
左:先日も見かけたマイクロがきょうも飛びます。音が静かなのでびっくり。エンジンはワーゲン。
中:軽快でよい響きです。パラモーターより相当に静か。
右:牽引物。引き物。出し物。引き出物と言うと意味が違ってくる^^。何と呼べばふさわしいのかな。

101120☆a22 101120☆a23 101120☆a24
左:3本足の支柱に、V字の支え。そこに差し込む方式でこれならくるくる回転する心配なし。それとワッカが目立つようにリボンを付けている。これは全国の皆さんも真似するとよろしいでしょう。
中:上手なもんだよ、慣れてるね。やはり何か引っ張ると映えるから、ただ飛ぶよりよい。
右:それと編隊を組むと見栄えがします。

101120☆a25 101120☆a26 101120☆a27
左:随分観客も来て、例によりひととおりの質問。重さ何キロ、何時間飛べる、高度はどこまで、免許は要るのか。そしてお値段はどのくらい。
中:エンジンが起動せずいろいろやっていると、野次馬が集まって大騒ぎになってしまうのだった^^;
右:優勝トロフィーを持って先行記念撮影。まだ何も決まっていませんが^^;

101120☆a28 101120☆a29 101120☆a30
左:泉が岳の先生とおぼしき方も、先行記念撮影。山飛びもモーターもやるエリアなのだ。
中:エリアの裏には「感覚ミュージアム」といういっぷう変わった建物あり。
右:何せ心がけが良いのか、こんな日が大正解で大満足。あすは都合により不参加なれど、写真はまだまだだくさんあるので、明日アップ予定なのだ。


ミニプレーンでパワーテイクオフ。山形のIgrsさん(有名人なのでイニシャルでなくてもいいんですが)。ガードを補強しているので、スタートからパワーをかけても平気なのだ。


シングルクロスパワーテイクオフ。そのとおりt-sskさんの背負い投げテイクオフ。これも研究してみたいものであります。
スポンサーサイト
この記事のURL | イベント・遠征 | CM(4) | ▲ top
<<岩出山バルーン後半戦 | メイン | 花くもり風たおやかにダケカンバ>>
コメント

sskさんのTAKE OFFのようですが、完全無風ではないですよね。微風あり?
2010/11/20 20:08  | URL | 山海 #-[ 編集] |  ▲ top

微風クロス
山海さん、そのとおりです。
しかしこんな微風でクロスは至難の技。それと例のNHKシルクロード矢野さんみたく、エンジン一吹きしてキャノピーが立ち上がるきっかけを作り、すかさずクロスで揚げてしまうスーパー技もあります。
2010/11/20 22:36  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

ははh・・
脛に 傷の有るパンダが 笑ってる・・
中々無機質の感じの写真が良かったりする・・が~
諦めてグライダーにお金を掛けようぜ~
2順目はヤバヤバよ~ん!!
2010/11/21 00:10  | URL | きんちゃん #uVLJFLuo[ 編集] |  ▲ top

撃墜マーク
きんちゃん、毎度ですー^^。
確かにこのパンダガード、フライヤーの関心もさることながら、観客にも注目&写真の餌食でした。
グライダーの件はよく判っているんですが、今シーズンは資金的に無理ですなぁ^^;
2010/11/21 07:34  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。