1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
三沢~名古屋移動
- 2010/09/29(Wed) -
100928☆a00
JR特急スーパー白鳥1号函館行き。三沢駅を出発する北海道方面の長距離列車ですが、青森新幹線が12月に開業すると、青函連絡列車になる運命である。

100928☆a01 100928☆a02 100928☆a03
左:日付が変わってしまって昨日の話だが、青森県三沢市から名古屋までJRで移動である。三沢駅を貨物が通過。交流直流両用電気機関車のEH500は「ECO-POWER 金太郎」、もしくは「平成のマンモス(機関車)」と呼ばれる。
中:JR特急スーパー白鳥1号函館行き。津軽海峡線の「スーパー白鳥」789系は新幹線八戸駅と北海道函館駅を結ぶ青函トンネル列車なのだ。
右:JR特急つがる12号八戸行き。E751系「つがる」は青森駅-八戸駅を東北本線・奥羽本線を経由している。

100928☆a04 100928☆a05 100928☆a06
左:あっという間に八戸駅に到着。ここからは新幹線「はやて」で東京駅を目指す。これが3時間かかるが最速なので仕方ない。
中:車内ではNREによる車内販売も行われていた。乗車率は70%程度で余裕である。
右:結局、今朝あいさつに行った「第一食堂」のおばちゃんから貰ったリアルゴールド。この1本が、第二のふるさととか、三沢の母ちゃん・・・て感じの物語なのだ。

100928☆a07 100928☆a08 100928☆a09
左:何はともあれ、座席が空いているうちに、駅弁を食べるに限る。本日は南部わっぱめし。本来は木を曲げて造った弁当箱の飯だった訳である。
中:肉厚のほたてなど、味が浸みて何とも美味い。やはり移動する列車の中で食べる駅弁は、移り行く風景もひとつの調味料なのだ。
右:岩手沼宮内駅。新幹線の駅としては、まわりが自然の山で緑が美しい。借景となっている面白い駅なのだ。

100928☆a10 100928☆a11 100928☆a12
左:東京駅に到着。今年は暑かったので、こんな巨大扇風機が活躍したのだ。おいらのペラより小さいけど。
中:全ての新幹線が東京発着なので、ここで折り返す訳である。見慣れた東海道新幹線。
右:博多行きののぞみで、家に戻って行ったのでありました。平日昼間ゆえ乗車率はほぼ100%。仕事のメールなど打ちながらのビジネス移動でした^^;
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(0) | ▲ top
<<フライトレコーダー解析みたく^^; | メイン | またまた昼食ネタで・・・>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。