1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
チャリで三沢市を徘徊す・・・の巻
- 2010/09/26(Sun) -
100926☆a00
きょう日曜日は、何とか仕事を休みにして休養日とした。宿で自転車を借りて市内散策としゃれこんだのだ。米軍基地は、当然ながら航空祭でなければ、中に立ち入る事はできない。

100926☆a01 100926☆a02 100926☆a03
左:JR東北本線の三沢駅にやってきた。ここは特急も停車する普通に立派な駅なのである。
中:特急スーパー白鳥10号が丁度出発したところであった。
右:かわって十和田観光電鉄の三沢駅。こんな風前の灯な鉄道が残っていること自体、奇跡に近い。当然廃止論議の俎上に載っているに違いない。

100926☆a04 100926☆a05 100926☆a06
左:三沢駅ホームに佇む7700系。元東京急行電鉄の車両で、平成14年7月に登場した。
中:ダイヤは1時間に1本を確保している。三沢~十和田市間を1編成で結ぶ。ただし残念ながら十和田湖までは繋がっていない。
右:東急7700系はS37年に米国バット社との技術提携により誕生した日本初のオールステンレス車。冷房化、VVVFインバータ装置化改造を施し、S41年までに合計134両が製造されたのだった。

100926☆a07 100926☆a08 100926☆a09
左:そんな車両が、まさに青い森の中をひた走る。これこそ自然の中の鉄道といえよう。
中:十鉄を追いかけて山道を自転車で追走したが、やはりこんな袋小路にさしかかってしまった。
右:こけももの実であろうか、たくさん成っているのであった。いかにもリスや鳥達が好みそうな実である。

100926☆a10 100926☆a11 100926☆a12
左:三沢基地周辺に戻り、基地内の米軍住宅を文字通り垣間見る。中では大型犬を2頭散歩させていた。なんだか敷地も広くて余裕だ。
中:米軍管理の道路でも、道路標識は日本式。注意書きは日本語と英文の標記が必ずある。
右:米国流で、駐車時はバックで停めない。佐世保のYナンバーなど、日本国内でも基地を転属しているのが判る。

100926☆a13 100926☆a14 100926☆a15
左:ミスビードルドームでは、ダンロップクイズラリーが開催されていて、結構エントリー車が居たのだ。
中:米軍基地付近にまたまた両替商を発見。本日のレートだと、1ドル=86円なのだった。
右:プール&ダーツバー。ファッションでやっているのではなく、実用的に米兵向けなだけである。

100926☆a16 100926☆a17 100926☆a18
左:未成年にはお酒をサーブしませんなど、英文で標記してある。日本語はあまり見当たらない。
中:米軍側ゲートの横に自衛隊の所属明細。歩いているのは米兵だし、ゲート当番ももちろん米兵。
右:自衛隊側ゲートには、当然日本人の自衛官が立っている。で基地内は仕切りもないので、米軍車両も自由に出入りしている^^。

100926☆a19 100926☆a20 100926☆a21
左:例の地下タンク付近だが、フェンスの外側には「雪捨て禁止」の立て札が、ここの地域性を物語る。
中:米軍家族向けの住宅は、オープンな造りでウッドデッキには例の大型ビーフロースターが鎮座している。こんなでっかい、開けっぴろげな住宅にはよく似合う。
右:柵も簡素だが、芝生は付き物。若い米家族が芝刈り機と格闘していた。

100926☆a22 100926☆a23 100926☆a24
左:こちらは自衛隊車両で、特に珍しいところではないけど、なぜか民生用のトラックと仕様が異なる。
中:遠くに軍用機が見えるのみ、離着陸延長上まではずいぶん距離があるのだった。
右:宿でタダで借りれた折りたたみ自転車(ベビーチェア付き)では、アップダウンの坂道のある市内では、漕ぐ範囲も限界があり、思ったほど廻れないのであった。結局昼飯も食えず買いこんで宿に戻って行ったのだった。道路看板を見やるに、三沢基地の標記が米軍側は「米軍基地」となっており、とても実用的で地域へのなじみ度が推し量れるものであった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(2) | ▲ top
<<またまた昼食ネタで・・・ | メイン | 昼食のB級グルメ列伝物語>>
コメント

なんかいいな~(・∀・)
2010/09/26 23:24  | URL | ruka #-[ 編集] |  ▲ top

アメリカナイズドな街
ruka姉さん、どうもです^^。
きのう日曜日は教会から米国人がゾロゾロ・・・。基地関係者を含め、米国文化が深い所から定着しているのを実感しました。
2010/09/27 08:27  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。