1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
トヨタ王国にゆるぎなし^^
- 2010/06/06(Sun) -
100605☆c00
豊田市にある、トヨタスタジアム方面を偵察に行ってみたわけだが、なかなか豪勢な構えだった。写真は記録映像による。

100605☆c01 100605☆c02 100605☆c03
左:何せ自宅から30分。下道でいけるので気楽なのだ。中はこのように綺麗に芝張りされているという(資料映像)
中:実際に見に行くと、随分広い敷地に建てられていて、こんな立派な施設とは思ってもみなかった。
右:ほんの数年間(実際には10年以上か?)訪問しないだけで、町の状況は一変してしまっている。

100605☆c04 100605☆c05 100605☆c06
左:すぐ脇を流れるのは矢作川だが、これも広い芝生があって最高。風向きさえよければいけそうではないか。
中:駐車場やトイレが完備されており、野球などに利用されている。こんな開放的な管理区域が嬉しい。
右:ゲートボール場とか、ジョギングとか。デイキャンプの家族も大勢見受けられた。

100605☆c07 100605☆c08 100605☆c09
左:こんな河川敷であるが、夜は20時に閉めるという。明るさから言って、充分な開放時間で有難い。
中:久澄橋を渡って、トヨタスタジアム側に渡る。橋の高欄が高すぎて、川の状況が見えないじゃないですか。
右:高橋を北上し、矢作緑地川端公園を視察。ここも野球場やサッカー場の前後を広大な芝生広場としている。

100605☆c10 100605☆c11 100605☆c12
左:芝生広場には、象やシマウマがたくさん居るなぁ・・・と思ったら、当然ながらミニチュアの玩具であった。
中:おりしも少年サッカーチームの練習試合をしている。少年時代から鍛えられた選手たちの中から、トヨタグランパスエイトに抜擢されるかもしれないのだ。
右:サッカー場とサッカー場の間は、これまた芝生の遊休地で、ここにキャノピーを広げるのに具合がいいじゃないでしょうか。

100605☆c13 100605☆c14 100605☆c15
左:更に平成記念橋を北上し、右岸側の状況を見る。駐車場が整備されており、河川敷を車が通行する事はない。かえってこれも有難いこと。
中:このとおり、野球場の間隔が広く、間は綺麗に芝生が刈り込んである。ここまで整備されていながら自由に立ち入ることも可能だ。
右:ところどころ立ち木もあり、夏には木陰が涼しい。最高のエリアになりそうな予感^^。

100605☆c16 100605☆c17 100605☆c18
左:豊田総合運動公園にも寄ってみたが、本格的な陸上グランドであり、学生の大会で熱気ムンムンであった。こんなに本格的とは、これまた予想外^^;
中:真剣にリレー競技がされており、応援の学生や送迎の父兄や本格的な大会競技アナウンスなど、ちょっと圧倒されてしまった。ここまで本格的な施設は他の市町村では見た覚えが無い。
 そして市民の手で運営・管理されており、また市民らが自分たちの運動・娯楽・自然観察のためにこれらを活用しているのだ。
右:帰りに名鉄三河線の猿投駅を見ながら帰宅した。まさに地図で眺めるのと、現地に実際に見に行くのでは大違い。さすが大企業のトヨタがスポンサーである豊田市において、スポーツ施設の拡充は目を見張るものがあった。
スポンサーサイト
この記事のURL | エリア情報 | CM(0) | ▲ top
<<お元気な姿をいま一度 | メイン | 飛べる場所はないかなぁ^^>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。