1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
概略状況報告
- 2010/05/16(Sun) -
無題
例の5月1日の状況を、わかる範囲でまとめる。
この日は、山飛びの大会である、第2回パラグライディングアジア選手権にし阿波 (2010年5月1日~9日)の
前夜祭&練習日であり、モーターによるデモフライトの要請があった。

当日の風は西の風4m、時折ブローがあってよくない。基本的には吉野川沿いに吹いているが、
若干山越えの北ないし南寄りのMIX風が吹いている状況であった。

山飛びの選手たちは、既に100名以上来ていて、10時の説明後山へ登って行った。
モーターチームは約10名程度集合(見学&サポート含む)しかし風良くなく誰も飛ばない。

10時半ころ風見で一旦飛んでみる。ものの10分少々で降りてくる。風は強いが荒れ模様も若干ある。
昼ころもったいないので、もう1本飛んでみる。風の方向が一定でない。
一周まわったところで、すぐ降りてはもったいないので、もう一周飛んで降りる事とする。

風強めなので、ピッチアップしたりよくない。朝イチよりサーマルがきつく翻弄される場面多し。
こんな場合は早々に降りるが吉。そんな時にいきなり左ウイングが暴れ、完全に潰されたようだ。
今までに無いおかしな挙動で、対応する暇もない。急にスピンに入ったようで、景色がグルグル回る。
何も出来ないが、かろうじてエンジンカットだけはする。(ここで意識がトンでいる)

落下の状況などは、まったく記憶が無いのだ、気がついたら病院のベッドに寝ていた。
CTも撮ったらしいが、全く記憶なし。この後酸素吸入と点滴だけで、何日も生きていた。

後々の状況聞くと、落ち始めは100m無かったようだ。7~80mらしい。
離着陸地点からは、藪があって直視不可能だったらしい。
急を察知したメンバーにより、病院に担ぎ込まれ、機材も撤収して貰い、家族に連絡もして頂いた。
華やかな大会の添え物だったのに、大変残念なことになってしまい、申し訳なく思う次第である。
スポンサーサイト
この記事のURL | イベント・遠征 | CM(8) | ▲ top
<<たまには息抜きで・・・^^ | メイン | お買い物OK・・・の状況なり>>
コメント
o(^o^)o ワクワク
次は、・・・え~∑(゚◇゚;) おれかよ!
2010/05/16 19:04  | URL | きんちゃん #uVLJFLuo[ 編集] |  ▲ top


いつもブログを見ています。
良く生きてますね~。
まさか こんなことになるとは・・・・
でも、良く名古屋まで帰って来れましたね~
ビックリしました。
動くことができ安心しました。
じっくり静養して直してください。
2010/05/16 19:17  | URL | スカイターマン #-[ 編集] |  ▲ top

生きているだけ有難い^^
きんちゃん、毎度ですー^^。
寒冷異変の5月も、そろそろ終了で、もう良い季節になることでしょう。危険状況を見誤らなければ、たぶん何事もないはずです^^。

スカイターマンさん、ご無沙汰してます。
回復したら、まずは地元で飛んでみようかしら。日に日に体調が回復してくるのが、嬉しい状況です^^。
2010/05/16 20:53  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


記憶がなくてよかったのか。
肋骨を骨折すると折れた瞬間に息ができないほど非常に苦しい。
ブラックアウトを起こして気を失ったのか。
まあ普段からくるくるしていれば対処の方法があったのかもしれない。
まあ死なないからよかった。
あと地形的には非常に悪いと思われる。
山が近くにあり谷であるところを飛んでいてローターの
中を飛んでいるようなもの。
内陸の平地とも条件が違う。
自然が相手なので無理は禁物。
平凡人からみれば空を飛ぶのは狂っているのは当たり前。
しかし別の世界を知ってしまって頭の中かパラパラ病に
なってしまい無敵になっている。度を越えると事故が起
きる。昨日は蛇がのたうちまわっていた。
まあ落ち着いたらパラパラ天国ブルースカイお越し下さい。
2010/05/16 22:01  | URL | 悪路 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top


メインの西風の正対でつぶされたのもすごいですね。別の要因があると思いますが、、。さておいて、ブログで飛行軌跡など客観的データをアップされるのはすごいことです。前向き思考で早く直してください。また、一緒に飛びたいと思います。
2010/05/16 23:28  | URL | blimp #A/FDf30Y[ 編集] |  ▲ top

記憶なしでトラウマなし
悪路名人、毎度です^^。
確かに川の両横が山で、常に谷底を飛ぶという、モーターにとって困ったポジション。
落下時の記憶が無いのは、恐怖感が無く、かえって良いのかもしれません。また飛びたい気持ちがあります。

blimpさん、どうもです。
飛行分析やトラブル解析こそ、blimpさんの方が緻密で詳しいと思います。
何せ情けない事に、落下途中からの記憶が無いので、目撃者の話が頼りです。
荒れた天気にヘンテコな過信があったのも、良くなかった一因ですね。
2010/05/17 07:59  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


パンダさん、お元気そうでなによりです。
病院へ行った時は、ほとんど意識が無かったのでどうなる事かと心配していました。
パンダさんとは、吉野川で行われた日本選手権以来の再会でしたのに、一緒に飛ばれず残念でした。
その時、オープニング飛行でスモークを出しながら低空でグルグル回していると煙で隠れそうになります。
それをパンダさんが「雲隠れの術」と名づけてくれましたので、それ以来「雲隠れの術」と呼んでいます。
ゆっくり養生され、元気になったら三木へも遊びに来てください。
ウノさんと、お待ちしています。
2010/05/17 12:11  | URL | スモーク前田 #-[ 編集] |  ▲ top

感謝の賜物であります^^
スモーク前田さん、お世話になりました^^。
事故で意識を失う・・・なんて初体験で、気づいたら病院のベッドなんて、まるで漫画の世界。
酸素吸入していて、ろくなお礼も言えずすみませんでした。
また健康になりましたら、遊びに行きます。またスモークさんとこもリンクさせてもらいます。
よろしくお願いします。
2010/05/17 12:52  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。