1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
MIX風の春の日
- 2010/03/27(Sat) -
100327☆a00
土曜日の朝はAKB55から始まる。三寒四温とか、先日来の冷え込みにて半ば溶けた浅間山の雪も、また真っ白に逆戻りなのだ。

100327☆a01 100327☆a02 100327☆a03
左:毎度のように、坂東大橋を北上。週末の恒例ルートである。今朝は赤城山も雪化粧を纏う。雲ひとつない晴天。
中:エリアには、すでに山ちゃんが来ていて、離陸準備ちゅう。Hndさんは、なぜか今朝は飛ぶ気がないという。そういう気分の盛り上がらない日は、飛ばない方が無難なのだ。
右:日差しは暖かいが、風が冷たい。しかも風向きがコロコロ変わる落ち着かない気流なのだ。風も弱い。

100327☆a04 100327☆a05 100327☆a06
左:それでも東の風と定め、風向きのタイミングを見て離陸。東から東南東になったり東北東になったり。
中:パンダもチョイ飛びであがってみる。まだサーマルは弱いながらも、いろんな風がMIXしてフワフワ良くない。
右:赤堀消防署にご挨拶。あまりお世話になるようなことには、なりたくないケド^^;


山ちゃん離陸で、大接近^^;


山ちゃん着陸してから、キャノピーが牛糞に^^;

100327☆a07 100327☆a08 100327☆a09
左:JR伊勢崎線の国定駅に入線する、オレンジ電車。駅前公園は寒いからか犬の散歩の人も見かけない。
中:対向電車と待ち合わせとなる。ここは国定忠治の菩提寺の最寄駅となる。
右:今朝は赤城山はもとより、榛名山まで雪景色。ふもとでは霜が降りるほどの放射冷却である。桜の咲くころの冷え込みを「花冷え」と詠む。

100327☆a10 100327☆a11 100327☆a12
左:何せ少し飛ぶだけで、手が痛いほど冷たくなる。山ちゃんより後に離陸し、山ちゃんより先に着陸したのだ^^;
中:さて、場所をHNJエリアに移動した。季節は春。小さな植物たちも活動を始める。
右:ミニプレLとM。こんな超広い採草地なので、どこまで走っても、どこに降りても自由だー^^。

100327☆a13 100327☆a14 100327☆a15
左:風は西風と東風のMIX。ところどころサーマル有り。野球大会の様子を写真に撮ろうと、アイドリングで近づき、そのまま去ろうと左ターンかけた瞬間、右翼のテンションが抜け不安定に落下。高度は写真のように50m以下。時間は1秒くらいか。幸いにも自動復旧しパワーをかけつつ逃げ帰る。坂東大橋のローターと河原のシンクにやられたのだった。通常ならパワーをかけながらターンするところが、ラム圧が不足するような飛び方をしたのがよくなかった。右のウイングの半分くらいまで潰れたかも^^;
中:暖かい日差しの中、早くもランチタイム。また朝日屋の出前を頼んでしまった。
右:本日は親子丼チーム対カツ丼チームとなる。味噌汁に漬物までついて、アウトドアで食べるご飯は妙に美味い^^。

100327☆a16 100327☆a17 100327☆a18
左:BRINPさんは、アクションGTのクロスライズアップが出来ないと、実地にGTオーナーの悪路名人の特訓を受ける。
中:えんくうさんは、STORMのサイズSを、バリバリのおニュウで立ち上げ。今までMで飛んでいたが更に速い機体にサイズダウンなのだ。
右:夕刻も3時をまわれば、風も東で安定し、こんなフォローでも片手で安心して写真が撮れる。内陸の風はどうなんだろう・・・と思うが、河原の風は川の上下流方向で吹くことが多く、風向きさえ安定していれば通常どおりのフライトが出来る。

100327☆a19 100327☆a20 100327☆a21
左:フライプロダクツの小川さん登場。C-Maxのフライ純正(これも変な言い方かな?)を組み立てて試運転。C-Max関係のご質問は、ぜひ小川さんにお願いします。パンダはC-Maxのオーナーではなく、飛んだこともありませんので、メールや電話での機械・部品のご相談には、ほとんど対応できませんので、よろしくご承知おきくださいませませ^^;
中:そうは言いつつも、細かいバージョンアップには目が行くのだ。初期型のC-Maxに比べゴムブッシュなど大型化され、エンジンメーカーも仕様変更に余念がない。エキゾースト出口の溶接補強なども細かく改良されつつあるのだ。
右:さて、ウランちゃん登場。フライのシモニーニMAXに、ニンジャ19m2という組み合わせ。極小サイズで沈下率の速いキャノピーを、大パワーのエンジンで押して飛ぶという、かなり豪快なフライトとなる。1300のプロペラをほぼ全開運転で飛びまわる^^;


ウランちゃん、スケーティングしながら、パワーで離陸^^;

100327☆a22 100327☆a23 100327☆a24
左:飛んでしまえば機速は速いし、着陸の沈下もこれまた速いし、要するに超有名グライダーである、シンフォニーのXS版だと思えばよい。
中:群馬パラグライダーの境エリアから、Ykoさん飛来する。
右:赤城のHrsw事務局長も、きょうはC-Maxでフライト。今までフルスロットル運転をしたことが無いという。逆に急激にスロットルを開けるとタイヘン。

100327☆a25 100327☆a26 100327☆a27
左:坂東大橋から、昼間の野球場方面に。この時間は穏やかで何もない。
中:エリアから、何機か離陸準備していると、これはこれで心強いものがありますね。
右:パンダ自身の写真は数少ないので、これはまた貴重な写真になります。何せ自分で自分は撮れないもんね。

100327☆a28 100327☆a29 100327☆a30
左:で、Ykoさんも撮り返してあげる。普段はこんなひょうきんなポーズはしないそうだが、エリアに来れば誰でもハイテンション。年齢に関係なく盛り上がってしまうのだ♪
この後、デジカメの所在がわからなくなり、随分さがしまわったわけですが、自分で何気なくハーネスのポケットに入れていた^^;
携帯電話と違い、呼び出しても答えないデジカメの場合は、ホントに困る。Ykoさん飛んで帰る時間に足止めしてしまい、スンマセンでした^^;
中:そんなわけで境エリアにまた飛んで戻っていきました。パンダのポカミスでしたやれやれ^^;
右:それで、これがフライプロダクツの廉価版C-Max。品質は全く遜色ない。ペラは取り回しのよい1150mm。パワーは充分。価格はほぼ500k円で出せるそうだ。フライプロダクツジャパンのオリジナルバージョンで、このお値打ち品なら、正直一台欲しくなってしまう。(お金さえあればだけど^^;)
 また、噂のポリーニ100トール搭載モデルも近々登場するそうなので、それも実際見てから好きな方をチョイスしてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | フライト状況 | CM(0) | ▲ top
<<寒の戻りフライト^^ | メイン | F・N・F(フライデー・ナイト・フライト^^)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。