1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
さわやかに梅薫りたる上里の寺
- 2010/03/10(Wed) -
100202☆a00
先週の日曜は天気イマイチで、午前中は周辺観光。上里町の西福寺に立ち寄る。

100202☆a01 100202☆a02 100202☆a03
左:表より境内の庭を眺めたるに、いと美しき造作にて、寺の大きさいかばかりと思いけむ。
中:その名も安楽山「西福寺」なむいいける。
右:入口に石碑在り。「大蒜(などの香りの強き物)、酒を山門より入りたるを許さず」と彫りたり。

100202☆a04 100202☆a05 100202☆a06
左:仰ぎ見やるに山門は木造の2層、屋根は銅葺きのげに立派なしつらえなり。
中:「阿」の形相の仁王像立ち居たり。山門より入りたる者に睨みを効かせおり。
右:また対面には、「吽」の形相の仁王像在り。「しばし待たれよ」のポーズなり^^。

100202☆a07 100202☆a08 100202☆a09
左:境内に入ると右手に鐘楼があり、この瓦葺きの屋根を眺むるところ、近年改築したものと思われ。
中:本堂は木造漆喰塗り、銅版葺きの屋根。天瓦には「西福寺」の銘がはいる。
右:さて、こちらには上里町の指定文化財が保存される。

100202☆a10 100202☆a11 100202☆a12
左:その板石塔婆を拝見させていただく。これは、鎌倉時代のもので、年は弘長4年(1264年)の作。
中:何やら文様のような物は梵字であり、仏陀発祥の地インドの古い文字で阿弥陀三尊を現す。
右:おりしも梅の花盛りとて、今が満開の時期ならむ。

100202☆a13 100202☆a14 100202☆a15
左:曇り空の薄日の元では、紅梅もげに淡く香り立つのである。
中:木立ちや枝ぶりも古風な大和の梅なれば、しばしその姿をめでるものなり。
右:雨に濡れ露にて塵も流れたれば、なをいっそう花鮮やかにして咲きおりたり。
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の風物 | CM(2) | ▲ top
<<伊勢崎名物神社コロッケ | メイン | きんちゃん工場潜入れぽーと^^>>
コメント

こんばんは 立派なお寺ですね☆ 梅のお花も綺麗に咲かせてられますね。入り口には 枝垂れ梅が咲いてたのでしょか♪ ここだけ時が止まっているみたい♪
(*^_^*)
2010/03/11 00:14  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

拙者は接写がむずかしい
ゆみりんさん、どうもです^^。
こちら埼玉県の上里町では、こうしたこじんまりとした、それでも綺麗なお寺が随分とあります。
丁度梅の咲き盛り。マクロモードで接写しましたが、風で動く花にはなかなかピントがあわず。
拙者には、なかなかむずかしいワザでござる^^;
2010/03/11 06:54  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。