1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本庄の歴史を知る・・・の巻
- 2010/01/25(Mon) -
100123☆a01 100123☆a02 100123☆a03
左:レトロな資料館、本庄市立歴史民族資料館を訪問。この建物は埼玉県指定文化財の旧本庄警察署の建物なのだ。
中:明治22年に建設された、2階建て瓦葺しっくい塗り大壁造り。2階ベランダはコリント式の列柱を配している。
右:柱の上部にアカンサス(西洋あざみ)の葉を彫刻したヨーロッパ建築様式。この柱は木柱に彫刻している。

100123☆a04 100123☆a05 100123☆a06
左:まずは資料館の玄関で、にっこり笑う埴輪に遭遇。これは小島坊主山古墳で発見されたものだそうだ。こんなひょうきんな埴輪は教科書にも出ていない。埴輪のイメージが変わりそうだ^^;
中:石や骨でできたヤジリもたくさん出土している。石器時代から、この本庄付近は多くの人が住み着いていた証明である。
右:縄文時代の中期の磨製石斧。こんな物が古墳から出土したとは・・・本庄を改めて見直した。

100123☆a07 100123☆a08 100123☆a09
左:勾玉などの副葬品もザクザク出てきたという。確かに工事中に遺跡が出てきて工事ストップとかよくある話で^^;
中:これこそ教科書に出てくる逸品、馬型埴輪。大きさは80cm~1mと大きいのだ。これは初見である。
右:家型埴輪は150cmを越える大作である。今の技術でもこれほど大きな焼き物はむずかしい。こんなスゴイ物が本庄駅のすぐ北側から発掘された・・・というから驚く。

100123☆a10 100123☆a11 100123☆a12
左:鉄剣は残念ながら銘がはいっていなかったようだが、古代のアクセサリーの多さから、6世紀は随分お洒落だった証拠が。
中:これは随分小さな鳥型であるが、大型の鳥型埴輪も出土している。鳥は現世と来世を往復している・・・と考えられていたらしい。
右:円筒埴輪と人物などの埴輪の中間の埴輪も随分多く発見されている。意外な事に、本庄は埴輪の宝庫なのである。

100123☆a13 100123☆a14 100123☆a15
左:人物埴輪。いわゆる埴輪っぽい表情をしている。教科書に出ているものを、ほとんど本庄産のものでカバーできそうである。
中:超有名な逸品。琴を弾く男子人物埴輪(東五十子23号墳)本庄市東五十子字田畑屋敷、古墳時代後期5世紀後半。こんな物が駅の東から発見されている。
右:二階に登るとアーチのある窓ガラスがレトロな雰囲気であった。

100123☆a16 100123☆a17 100123☆a18
左:本庄にもお城があったという、市役所の北東部に遺構が残っている。
中:浮世絵に記された本庄宿。神流川を渡る様子を描いている。「英泉作支蘇路ノ駅本庄宿神流川渡場」
右:中山道の大きな宿場であった、本庄宿には様々な店もあり、こういった薬屋の看板も今に伝える。

100123☆a19 100123☆a20 100123☆a21
左:世界最初の自転車「陸船車」武蔵国北堀村(現本庄市)門弥の発明品・・・足で漕いで前進するから、確かに自転車の一種であるな。
中:なんかタイヘン苦労する割りには、なかなか進まない感じもしますが・・・ヨーロッパの自転車発明の130年前に本庄で製作していた・・・ということはあまり知られていないかも。
右:「中山道分間延絵図 本庄宿」寛政12(1800)年徳川幕府の調査による。縮尺は1800分の1、本陣・寺社・家並・橋など正確に記録されている。重要文化財。

100123☆a22 100123☆a23 100123☆a24
左:児玉八幡神社には、こんな高札場が残されている。まるで江戸時代がそのままなのである。
中:時代は下って明治16年開業の本庄駅舎。これは大正11年に改築された当時の様子。
右:ありました本庄電気軌道は路面電車の1号機。前面にはカウキャッチャーのネットもあり人々が珍しそうに眺めている。

100123☆a25 100123☆a26 100123☆a27
左:大正期にはいると、本庄市にもモーターリゼーションがおしよせ、乗合馬車から自動車営業に転換。筑井自動車は現在の市民プラザ東にあった。
中:児玉自動車は現在の小玉町八幡山の鍛冶町で営業していた。人々の装束が年代を感じさせる。ハットにオーバーと、特に着帽の習慣は、現代に復活して貰いたいもののひとつでもある(個人的に^^;)。
右:煉瓦造りの滝岡橋など、なかなか興味深い。こういう情報も知らなかったことである。何せ石器時代から人々が生活し、文化が発達した街ゆえに、さまざまな物が残っており面白いところである。特に埴輪の豊富さは、予想外の収穫があった歴史民族資料館なのだった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(3) | ▲ top
<<レトロモダンな給水塔 | メイン | 小春日和フライト・・・の巻^^>>
コメント
んじゃ今度は~
群馬の森の歴史博物館かな~
よ~く探すと正満コレクションが見つかるかもよ~ん
2010/01/25 19:15  | URL | きんちゃん #uVLJFLuo[ 編集] |  ▲ top


オシャレな警察署ですね。怖い雰囲気ゼロでイイ感じ~☆
笑う埴輪は、初めて見ました!白く見えてるのは、歯なのかな?可愛いですよね♪
この時代にタイムスリップして、作っている人を見てみたいな。にこにこ笑って作っているかも~^^
2010/01/25 20:49  | URL | くまさこ #-[ 編集] |  ▲ top

ネタの宝庫なり~^^
きんちゃん、ヒントありがとうございます^^
群馬の森は結構近いですね。正満コレクションも見つかるかな?

くまさこさん、どうもです^^。
笑う埴輪は教科書に出して欲しいなぁ。古代文明人は結構ひょうきんだったのかも。当時の装束や生活の様子がわかって、なかなか貴重なものばかりです。
2010/01/25 21:12  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。