1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不定期ローカル秩父鉄道
- 2010/01/15(Fri) -
100113☆b00
秩父鉄道を辿る旅を断片的ながら再開。今回は武川から石原までの駅の様子をレポート。

100113☆b01 100113☆b02 100113☆b03
左:武川駅の駅舎は鉄筋コンクリート2階建てで、少々古いながらも頑丈な造り。ここから三ヶ尻線(貨物線)が分岐する。
中:ホームは島式の2線であるが、待避線側に青い秩父鉄道の電気機関車が何両も置いてある。
右:明治34年に田中駅として開業したが、2年後の明治36年に現駅名の武川に改称している。

100113☆b04 100113☆b05 100113☆b06
左:隣の明戸駅にやってきた。おりしも電車が発車するところであった。なつかしい国電101系の車両。
中:何ともろにプレハブの簡易な駅舎である。委託駅であるが駅員が駐在する有人駅である。
右:道路面がレールの高さなので、ホームの構造がよくわかるが、ホームは薄い床盤で、向こう側はスカスカに見通せる。緊急の場合はホーム下に逃げ込める・・・というのを頭に入れておけば転落時に助かる可能性も大きいのだ。

100113☆b07 100113☆b08 100113☆b09
左:次の大麻生駅に向かうが、向かって右が荒川の河川敷(実際は大麻生ゴルフ場)で堤防と線路の境界が無い。OBしたゴルファーが線路敷に迷い込んできそうなおおらかでファジーな空間なのである。
中:踏切から見る大麻生駅のホーム。島式で、秩父鉄道の駅ホームは簡易的なものは少ない。
右:駅舎は木造瓦葺きの可愛いタイプ。委託駅であるが駅員がいる有人駅である。

100113☆b10 100113☆b11 100113☆b12
左:三ヶ尻線の終点である、熊谷貨物ターミナル駅に向かう途中、広い田圃を発見。また巨大なカントリーエレベーターが良い絵になる。頂上の機械室には、モーターなどがあるのだが、風雨を避けるためには簡単な囲いや平屋根で済ます方法もある。ただし設計者のデザイン感覚で赤屋根やこういう可愛い切妻屋根を載せる場合も多いのだ。
中:長さ2kmに渡る熊谷貨物ターミナル駅。JR東日本と秩父鉄道がはいっており、各々の仕分け線があるのだ。
右:12ftコンテナ、20ft大型コンテナを取り扱う。年間取り扱い高は26万トンとかなりの量になる。

100113☆b13 100113☆b14 100113☆b15
左:コンテナ車以外にも、石灰石の輸送用のホッパー車がたくさん並んでいる。
中:すぐ北側をJR高崎線が走っており、熊谷駅に続く高架橋が見える。写真では奥が熊谷駅方面。
右:貨物ばかりで機関車が見あたらないなぁ・・・と思ったら、ひっそりディーゼル機が置いてあった。

100113☆b16 100113☆b17 100113☆b18
左:旅客線に戻り、ひろせ野鳥の森公園に。駅舎はホーム端に建っており、木造のナチュラルな駅舎となっている。
中:駅名標も擬木の丸太造りで、野鳥の森にふさわしく自然景観に配慮した意匠とした。
右:平成15年開業の新しい駅で、用地も無いことから片面一線の最小の構えとなった。ただし開業後から急速に宅地化が進んでいる。

100113☆b19 100113☆b20 100113☆b21
左:隣の石原駅にやってきた。島式ホーム1面2線の駅である。まったくの市街地の中の駅となっている。
中:保線用の車両が留置してあった。留置線は4線あり、ホームと駅舎は地下道で結ばれている。
右:地方の私鉄としては、秩父鉄道はベースがしっかりしていて、ほとんど有人駅で管理されていたり、貨物輸送が盛んであったり、今では珍しい存在の印象を強くしたのである。
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(0) | ▲ top
<<本庄電気軌道の廃線跡をたどる | メイン | 本庄電気軌道(古のチンチン電車の痕跡)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。