1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
②ローカル鉄道八高線の旅寄居編
- 2009/11/05(Thu) -
091104☆r00
秩父鉄道の小前田駅・八高線の寄居・折原を巡るローカルな旅である。

091104☆r01 091104☆r02 091104☆r03
左:秩父鉄道の小前田駅。赤屋根に開放的なテラスと、明るい雰囲気である。
中:煉瓦舗装とあいまって、JRの造りとはまた違った風情がある。
右:羽生から三峰口まで結ぶ。地方の中小私鉄としては、元気な路線である。

091104☆r04 091104☆r05 091104☆r06
左:しかもSLのパレオエクスプレスまで走らせている、C58蒸気機関車の走る観光路線なのである。
中:車両はJRの通勤型と色も形も似た車両。と思ったら、JRの101型そのものなのであった。
右:列車のマークは「ちちてつ」のオリジナル。車両番号は何と「1111」とゾロ目であった。

091104☆r07 091104☆r08 091104☆r09
左:寄居駅にやってきた。ここは、JR・東武東上線・秩父鉄道の合同駅になる。
中:秩父鉄道6000系電車・急行「秩父路」が出ていく。
右:3線合同駅ゆえ、かなりの賑わい。ほかの駅に比べると規模が違います。

091104☆r10 091104☆r11 091104☆r12
左:荒川の上流は、長瀞峡方面を望む。渓谷が深い大河川である。
中:鉢形城跡:寄居町大字鉢形にある戦国時代の平山城跡で、東国における戦国時代の代表的な城跡のひとつ。
右:折原駅に到着。これまた簡素な造りであり、屋根と簡易Suica改札機のみである。

091104☆r13 091104☆r14 091104☆r15
左:ここまで簡易な駅もそうざらにはない。案内看板も無いので、GPS無しでは辿りつけなかったであろう。
中:直線部片側ホームという最低限の構えである。
右:「おりはら」という駅名からもうちょっと大きいイメージがあったが、来てみないとわからない事もあるのだった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(2) | ▲ top
<<③八高線ローカル鉢形編 | メイン | ①ローカル鉄道八高線の旅>>
コメント

こんにちは
オレンジの車体は 大阪環状線で見かけた(103系)に似てまする♪

(*^_^*)ノ
2009/11/06 16:50  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

なつかしい国電リバイバル
ゆみりんさん、よくご存知ですね^^。
大阪の環状線も同じオレンジ色です。
かつての103系も、今や201系全盛の時代ですが。

秩父鉄道では、そんななつかしい中央線のイメージで復活したそうです。
2009/11/06 21:24  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。