1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
国定忠治ゆかりの鉄道訪問記
- 2009/05/26(Tue) -
090525☆b01 090525☆b02 090525☆b03
左:JR両毛線の国定駅を訪問しました。古い駅舎でいい雰囲気です。屋根に年代を感じますね。
中:昔ながらの木の柱、木の屋根と、今や貴重な存在であります。
右:ホーム上の中待合室は、リニューアルされ明るく近代的に建て替えられています。

090525☆b04 090525☆b05 090525☆b06
左:3面3線の立派な構えで、列車の行き違いもこの駅で行われます。南北の横断橋も新設されました。
中:駅名票は、JRの標準タイプでなじみのあるデザインであります。
右:保守車両の点検ヤードもあり、施設も充実しているのでありました。

090525☆b07 090525☆b08 090525☆b09
左:列車は、JR東海の中央線と同様のステンボディに同塗装であります。
中:国定忠治の菩提寺である、天台宗金城山養寿寺。境内には忠治の墓および遺品陳列所がある。
右:長岡忠治郎(国定忠治の本名)の立派な墓碑が建立されている。

090525☆b10 090525☆b11 090525☆b12
左:本来の墓石は、ファンに削られ・削られ、文字も消え小さく丸くなってしまっております^^;
中:墓碑の方は、「長岡忠治之墓」と刻まれており、こちらの方は削られても相当に大きい。
右:本堂の方にお参りしたわけであります。古い木の回廊など。

090525☆b13 090525☆b14 090525☆b15
左:伊勢崎駅にきました。近代的な駅に建て替え工事の真っ最中。
中:駅舎とは関係ありませんが、古い倉庫にツタがびっしり。
右:駅本屋は、古くてモダンな洋風建築でありました。

090525☆b16 090525☆b17 090525☆b18
左:JR両毛線と、東武伊勢崎線の乗り換え駅になっており、改札口も共有しております。
中:旧来型の車両が進入してきました。高架化工事の最中で、仮ホームとなっております。
右:駒形駅付近の踏切から、駒形方面を望む。

090525☆b19 090525☆b20 090525☆b21
左:駒形駅北口。近年北側には専門学校や私立学校などが、移転してきたため新たに設置された。
中:駒形駅の駅名票。標準タイプですね。
右:2面3線の構えで、上下線共用の退避用の中線がある。

090525☆b22 090525☆b23 090525☆b24
左:中ホームの古い木造の待合室。雨天用の屋根が追加されております。
中:南口の駅舎は、こじんまりとしているものの、木造の緑瓦で可愛らしいデザインであります。
右:ドア・窓はアルミサッシ化されているものの、腰板は木製で、建造当時の雰囲気をよく伝えております。
※近代化されつつも、昔ながらの駅のようすがわかるローカルな両毛線なのでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(2) | ▲ top
<<シルクドームでフライト | メイン | きょうも京都で^^>>
コメント

おはようございます。
見覚えのある緑とオレンジの車両ににっこり♪
昔からの建物が こうして 残されているのは
嬉しいことですね☆
あらま 墓石さんが ツルツルや。

"^_^"ノ
2009/05/27 11:09  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

ご利益あるかいな^^;
ゆみりんさん、どうもです^^。
JRカラーの電車を見ると、親しみがわきますね。
また古い駅舎を保存するのは、大変ご苦労な事だと思います。
そして、墓石が小さく丸く・・・縁起かつぎの面々が多いようですね^^;
2009/05/27 21:34  | URL | 空飛ぶパンダ #zjDuAsyg[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。