1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
名古屋ギリチョン帰省事情^^;
- 2010/12/31(Fri) -
101230☆a00
年末晦日にようやく名古屋帰省。仕事だから仕方ないっちゃ。JR仙台駅で蕎麦を食ったが、以外と良品であった。店名は「あきば」でなく「あさば」である。

101230☆a01 101230☆a02 101230☆a03
左:年末ギリギリまで会社で仕事。それでも何とかキリつけました。それでは名古屋に帰りましょ。そうしましょ。
中:会社のPCは地図表示のためデカいのだ。グラフィックメモリを巨大化してある。
右:仙台地下鉄で帰ります。泉中央終点ひとつ手前の早乙女駅から乗車するのだ。

101230☆a04 101230☆a05 101230☆a06
左:この地下鉄はキビキビ走って爽快でありんす。本数も多くて便利だよね。
中:仙台駅。この歩廊は毎朝テレビ中継されているスポットでもあります。
右:新幹線も本数多いので、乗り遅れても心配なし。これも便利だし安心だわ^^。

101230☆a07 101230☆a08 101230☆a09
左:お土産は定番の「笹かまぼこ」と「牛タンスモーク」を試食してから購入。牛タンは柔らかくて旨い。
中:標記の蕎麦屋「あさば」で夕食とす。この方が駅弁より安く本格的なのだ。
右:仙台駅構内にありながら、本格手打ちをしている。これは意外とやるな。名古屋栄地下街の穴場名店と張り合うかも。

101230☆a10 101230☆a11 101230☆a12
左:盛り蕎麦と同じ750円でミニ鳥丼とミニ盛蕎麦のセットがお値打ち。蕎麦が絶妙に固めで吉。この店ならまた寄りたいね。蕎麦茶、蕎麦湯も結構&結構^^。
中:仙台より東北新幹線で南下する。これも意外な事に80%程度の乗車率。時間帯が遅ければこんな感じの晦日かな。
右:黒烏龍茶は特保だし、ブラックガムは常習者。定期券入れに切符を入れて移動すると便利なのだ。JRは切符サイズが小型化したので丁度良いのだ。

101230☆a13 101230☆a14 101230☆a15
左:東京駅到着。寒さがワンランク和らぐ気がする。いつもの東海道新幹線に乗り換えなのだ。
中:東京駅ホームには、売店だけで立ち食いが一切無い。名古屋駅だと「立ち食いきしめん」で和むところなんだが。
右:新橋・横浜からの乗車が多いので、始発東京駅は余裕なのだ。今回遅めの切符手配であったのに、全てA席窓側隣不在という快適移動で助かった。
 こうしてギリチョン(ギリギリチョンガー^^)名古屋帰省偏は幕を閉じたのであった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(3) | ▲ top
ホワイト☆クリスマス
- 2010/12/25(Sat) -
101224a☆01
昨晩から、仙台も雪になりました。まさに「ホワイト・クリスマス」であります。
年末まで、きょうも仕事だー。全然飛べてません^^;
この記事のURL | 季節の風物 | CM(7) | ▲ top
七北田川で白鳥ご飯タイム^^
- 2010/12/19(Sun) -
101219☆a00
仙台に戻れば当然ながら雪は無い。しかも暖かいよ。同じ東北でも仙台は青森と東京の中間地点。全然気候が違うわけだ。

101219☆a01 101219☆a02 101219☆a03
左:日曜日なので、本当は飛びにいくところだが、さすがにきょうは小休止。買物にでる。それにしても暖かい。
中:100円ショップがこんなところにあったのだ。さすがに人口が多いからお客さんもたくさん居るのだ。
右:毎度の渋滞とか。こんなのは毎日のことだから慣れっこです。完全に車社会なのねん^^。

101219☆a04 101219☆a05 101219☆a06
左:夕方のちょっとした時間しかないので、白鳥を見に行って一応「飛びネタ」としよう。場所は七北田川のここらへん。よく見れば北岸側は多賀城市になるのね。
中:16時廻ってもまだこんなに明るい。青森ではもう薄暗くなってくる時間。南北の日照時差、雲の厚さで光線量の体感差は相当大きい。
右:やはり居ますね。餌やり部隊。みなパンなど持って楽しみに来るのだ。

101219☆a07 101219☆a08 101219☆a09
左:運動と鳥達とのふれあいを楽しみに、市民が来ているようだ。
中:向こうの方でも餌やりをしているようだ。しかしパンばかりでいいのかな。
右:白鳥たちはみなご飯に夢中なのである。あんまり食べ過ぎると重くなって飛べなくなるよ^^。

101219☆a10 101219☆a11 101219☆a12
左:「ご飯くれー」と騒いでいる。合間にカモメがたくさん集合して、餌を取り合っているのだ。
中:黒っぽいのは若い幼鳥らしい。成長すると真っ白になるのだ。なんとなく皆小型なので、オオハクチョウではなくコハクチョウかもしれないね。
右:このワンちゃんは「モモ」と呼ばれていた。全国に何千匹と「モモ」ちゃんが居るのかもしれない。


白鳥とカモメが餌を取り合っているのだ。それでものんびりしていて、いい風景である。

101219☆b01 101219☆b02 101219☆b03
左:毎度の買物ネタも追加するとしよう。発足は伊藤羊華堂だが、今では7&Iに吸収されたヨーカドーなのだ。
中:これは夜20時越えの時間帯であるが、そこそこ客ははいっている。そこらへんの感覚は都内に近い。
右:まだクリスマス前だが、早々と「おせち料理」コーナーが出現している。実家に手土産とかあるのかも。帰省となると手土産で困るが、仙台なら笹かまぼこと牛タンスモークでいいかな。

101219☆b04 101219☆b05 101219☆b06
左:すだれのように烏賊干しを並べている。販売と季節の風物をかもし出すディスプレイといえよう。
中:よく見れば目刺もぶら下げている。雰囲気に訴える作戦である。旨そうに見えればそれでよいのだ。これを見て日本酒の売り上げもアップするかもしれない。みちのくはやはり日本酒である。仙台に帰省してくる子供や孫のための準備もあろう。
右:大勢集まるなら暖かいおでんもよろしい。自由にチョイスできてこれは嬉しい。
さて、地方からの土産の話だが、地元限定のカップ麺など、手軽で安価ですぐ食べられるので結構いいかもしれない。
ヘタに箱入りの土産菓子を貰っても、なかなかクリアできないのだ。身内や自宅なら、必ず食べてもらえて地方限定品が珍しいかも。
この記事のURL | 季節の風物 | CM(2) | ▲ top
青森→仙台戻り・・・の巻
- 2010/12/18(Sat) -
101218☆a00
きょう土曜日は、青森から仙台に戻りました。東北新幹線の駅は積雪対策でみな屋根の下に囲われています。雪国はどうしてもコスト高になってしまうなぁ。

101218☆a01 101218☆a02 101218☆a03
左:今日もギリギリまで物件調査に廻ったのだ。中にはこんなミニ神社も物件に登録されている。とにかく安全祈願でまっ先にお参りをし、お賽銭も全ての大小の神社に収めた。やはり気持ちの問題だし、この祠にもう一生来られないかも・・・と思うのだ。
中:青森新幹線の新たに開業した七戸十和田駅。駅のまわりには見事に何もない。コンビニ・スーパーが1km範囲に一切無いのだ。それと一般商店が徹底して無いのは不思議な程である。
右:何はともあれ新しい駅である。駅自体は新しいが売店が一軒のみ・・・という最小限の構え。土曜夕方のピーク時だが、利用客が誰も見当たらない。

101218☆a04 101218☆a05 101218☆a06
左:山車が構内に陳列してあった。モロ本物で、模型では無い。移動用にハンドルがついている。
中:ハンドルとアクセルペダルは見えるが、ブレーキらしきものが無い。バスか重機の流用のようである。
右:青森新幹線はテーマカラーが若草色なのか、グリーンが目立つ。LED表示もグリーンである。

101218☆a07 101218☆a08 101218☆a09
左:緑色は目に優しい。エコロジーを彷彿とさせるかもしれない。
中:ホームにも徹底的にお客さんが居ない、土曜日の17時過ぎの新幹線。だいじょうぶかな?
右:列車到着したら、パラパラと乗客がいるようだ。「はやて」のLEDが遷移時だったようで。乗車率は30%程度であった。
華々しく開業した青森新幹線だが、人口の少ない地域だけに採算割れが早くも心配されてしまうのだった。
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(2) | ▲ top
雪が降っても元気よく・・・の巻
- 2010/12/18(Sat) -
0000_20101218022626.jpg
白神山地は真っ白。田畑も当然白銀の世界です。お天気が良いとまぶしい世界^^;

0010_20101218022748.jpg 0020_20101218022747.jpg 0030_20101218022747.jpg
左:今朝の青森は若干雪が降ったかな・・・程度。ただし山の方はもっと深いのです。
中:調査業務でまたまっすぐの道路を行きます。奥羽牧場・・・ここはお気に入りの場所。
右:ここは採草地であります。夏は牧草が茂り、定期的に刈り込んで最高の草地になるのだ。500×500mはあろうかと。

0040_20101218022746.jpg 0050.jpg 0060.jpg
左:毎度の買い物チェック。やはり魚介類が新鮮で安い。名古屋では見たこともない「ほっき貝」が98です。
中:おつまみにどうかな「いかロースト」。烏賊も安いし美味い。安いのに更に値引きで74円とは。
右:トラウト・・・ってマスかサケの一種だっけ?カマはこんなにたくさんはいって120円。儲けがあるのかな。鍋か焼くか。煮付けもいい。

0070.jpg 0080.jpg 0090.jpg
左:熟れ寿司王国ならではの品。さんまの飯寿司。こんなのは食べたことが当然ありません。
中:くじらも豊富なのだ。鯨のかわをこんな感じで売っている。どうやって食べたらいいのか?
右:「ほっけ」も北国の魚。2匹で198円だ。一匹あたり100円を切るのだ。これでいいのだ^^。

0100.jpg 0110.jpg 0120.jpg
左:糠にしん。先日にしんの煮付けを食べたら、卵がぎっしりはいって最高に美味い。普通に考えればにしんの卵は「カズノコ」なのだ。
中:最も安く仕上げるならば、生さんま48円はいかかでしょう、奥様。これなら大家族でもまったくOKじゃ。
右:「こまい」とか「コマイ(氷下魚)」とか、カンカイ(寒海)とも呼ばれる。マダラ・スケトウダラと並び、日本近海に生息するタラ類の1つ。しかし北国で食べられても、日本列島の南の方では食べる習慣もなく、出物も無いのだ。不思議な事ではある。
この記事のURL | エリア情報 | CM(0) | ▲ top
雪国の状況調査
- 2010/12/16(Thu) -
00.jpg
降雪後晴天の青森。奥羽牧場を西進す。道路脇の緩衝帯が広く松の防風林も立派。まことに北海道的な風景が延々と続くのだ。

01_20101216231257.jpg 02_20101216231256.jpg 03_20101216231256.jpg
左:今回の業務は、スキー場の物件調査も含むのだ。状況写真を撮るのが仕事だから仕方ない。
中:今シーズンも滑走可能となり、ここ七戸市民スキー場もオープン間近なのである。
右:スキー場がオープンしたら、裏山側の物件調査でリフトに乗るか、空撮しなきゃいけない。

04_20101216231255.jpg 05_20101216231255.jpg 06_20101216231332.jpg
左:ダム自体も物件調査の案件があるが、この先は通行止めである。湖面はだんだん氷結しつつある。
中:採草地も調査物件の区域内なのだ。皆300×300m以上の巨大区画ばかりで、なんだかいいなぁ^^。
右:食物調査もしなきゃならない。ほんと久しぶりの焼肉である。1年振りかもしれない。

07_20101216231331.jpg 08_20101216231331.jpg 09_20101216231330.jpg
左:十和田市内の「牛舎」で、マスターは解体従事の専門家なのである。新鮮・安い・美味いが揃って最高の店。
中:この「カルビ定食」がこれでたったの千円。肉は柔らかく厚みも丁度良し。ご飯もデカ盛。お替りを進められても無理でござる。
右:やはり肉人流に「オンザライス」をする。サラダ・ウインナを追加したらこれまた山盛り。ウインナは自家製でスパイシーこれ正解。噛むとパキッ!と弾けるのが快感。チョリソーとフランクの盛り合わせだったのがいずれも美味過ぎて幸福になったのだ。
雪の里/ひとり焼肉/香りたち
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(4) | ▲ top
雪んこ
- 2010/12/15(Wed) -
0000_20101215235621.jpg
青森は今朝は真っ白。
これは街中なので、たいしたことはありませんが、一歩山手に入れば、
10cmは軽く積もってます。天気がいいのでまぶしいわ^^;
この記事のURL | 季節の風物 | CM(2) | ▲ top
新幹線は青森へ・・・
- 2010/12/13(Mon) -
001l.jpg
仕事で一週間青森です。青森行きの「はやて」に初めて乗りました。
フライトレポートは今週も無しでしょう。
食材・お買い物レポートばっかりになりそう^^;
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(6) | ▲ top
くま出没注意
- 2010/12/05(Sun) -
101205☆a00
おっとこんな所に「くま出没注意」結構住宅街近くですが、今シーズンではうかうかしておられません。

101205☆a01 101205☆a02 101205☆a03
左:きのうの強風で空気が澄んで最高によいお天気。出かけるのが遅くなってしまった。
中:国道4号線も、地吹雪のフェンスがセットされた。スリットで向こうが見えるので圧迫感がない。
右:この壁式は頑丈なのだが、向こう側がまったく見えないのだ。しかしこんな施設に雪国はお金がかかる。

101205☆a04 101205☆a05 101205☆a06
左:古川エリアには多くのオフロードライダー達が集結していた。きょうは試合のようだ。
中:エリア到着だが、一昨日の降雨のためか一部軟弱な地面あり。
右:パラメンバーは誰も来ないけど、のんびり過ごすのだ。まだ一応昨日の病み上がりだし。

101205☆a07 101205☆a08 101205☆a09
左:そうは言えどもせっかくなのでチョイ飛びする。田んぼの近くに干し草ロールをセットしてある。こんな光景は日本南部では見た事が無い。
中:つい2週間前には見事な紅葉&黄葉だったが、もうすっかりその景色も無い。北国の冬は身支度も早いのだ。
右:田んぼの中に白鳥が居るではないか。集団で飛び立った跡、なぜか2羽だけ残っている。白鳥は集団行動するからすぐわかる。白鷺ではそういう事は無い。

101205☆a10 101205☆a11 101205☆a12
左:肉眼ではよくわかったのだが、写真に撮るとちっともよくわからないのだ。
中:12時過ぎの飛行なので、当然サーマルもあって、降りたくても降りられない。ま、きょうはチョイ飛びでいいや。
右:降りても誰も居ない。仕方ないね。お昼を食べてゆっくり昼寝した。

101205☆a13 101205☆a14 101205☆a15
左:先ほどの白鳥エリアに白鳥が舞い戻っているか見てきたが残念ながら空振りであった。ここは鳴瀬川。
中:先ほど上空から見た、鳴瀬川の橋梁架け替え工事の橋脚を地上から見る。地上では大きく見える。
右:エリアに戻ったら、風が強まっていた。きょうは早めの撤収とした。

101205☆a16 101205☆a17 101205☆a18
左:緑地公園という名前だが、返って樹木が少なく飛ぶには好都合の古川エリアなのだ。
中:帰りに富谷町の運動公園も見に行く。一昨日の雨はこんなに跡に残ったのだ。
右:少しは季節的なレポートでも。赤に緑のポインセチアはクリスマスにぴったり。

101205☆a19 101205☆a20 101205☆a21
左:沖縄では人気のランチョンミート「SPAM」だが、買おうかどうか迷って止めた。100円だったら買うのだが。
中:吹き抜けにもクリスマスツリーが飾られる季節。
右:屋外にも電飾登場だが、夕暮れの走行写真だとぶれてしまうのだった。
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
強風の白鳥麗子でございますっ^^
- 2010/12/04(Sat) -
101204☆a00
きょう土曜日はまた白鳥を見にいきました。北岸側から接近できる場所で見てみました。

101204☆a01 101204☆a02 101204☆a03
左:天気回復したが強風。時に30m/s以上の暴風を観測し、きょう開業したばかりの青森東北新幹線や東北本線は一時運休までしたのだ。
中:個人的に昨晩、牡蠣か平目で食物アレルギーが出てしまい、点滴騒ぎに。呼吸困難で一時危険だったのである。当然絶食し、きょうは刺激の少ない昼食。麺は半分でいいや。
右:入院までしなくて済んだのが幸い。生命に危険が及ぶかもしれない食材は、避けて下さいとの事。これまで牡蠣(しかも牡蠣フライ)や平目(これは刺身)なんて全く平気だったのに。

101204☆a04 101204☆a05 101204☆a06
左:お天気も良いので仙台港の海岸に。こんな時でもサーファーが居るのだ。
中:フェリー埠頭を対岸から見る。波高いが直射日光は暑いくらいだ。風は強烈に寒い。
右:こんな広い敷地が草ボウボウで放置されている。

101204☆a07 101204☆a08 101204☆a09
左:仙台港はこの「仙台臨海鉄道」がループするように巡っており、踏切の数が30箇所以上あるかも。踏切密度が高い。
中:DD5511の動車輪が保存されている。
右:敷地内は割りと自由に入れるので、線路外からディーゼル機関車を撮影可能なのだ。

101204☆a10 101204☆a11 101204☆a12
左:運転本数がさほどあるとは思えない貨物専用線で、この広いヤードは今後どうなってしまうのでしょう。
中:DD55のキリンビール専用機関車と思われる。ここでは一大お客様なのだ。
右:埠頭の終着線もこのようにオープンでよろしいなぁ。こういう開放的な造りが嬉しいのだ。

101204☆a13 101204☆a14 101204☆a15
左:埠頭でも自由利用できる場所はこんなに開放されている。
中:海の麒麟たち・・・赤白のガントリークレーンが立ち並ぶ。
右:アウトレットの観覧車もこの強風ではさすがに運休していた。

101204☆a16 101204☆a17 101204☆a18
左:ホームセンターに買物。外でポニーを自由に触れるのだ。こんなのは仙台ならでは。
中:店内のペットコーナー。うーん犬もいいなぁ。
右:気にいったのを店員さんが外に出してくれるので、触ることもできるのだ。

101204☆a19 101204☆a20 101204☆a21
左:この子は遊びたいのか、カメラに興味津々なのだ。
中:きょうも七北田川に行けば、白鳥がいるではないか。
右:早速北岸側に行ってみれば、子供たちも駆けつけたところであった。

101204☆a22 101204☆a23 101204☆a24
左:鳥コさ、こっち来。こっち来。餌どやるべ。
中:呼んだども風さ強すぎっちゃ、風上にはなかなか寄れないべ。
右:一羽が何とか近寄って来る。みんな慣れっこみたいだど。

101204☆a25 101204☆a26 101204☆a27
左:風さ、強すぎで、あきらめて下流さ向かう白鳥君。
中:ここから何とか風上に行くのじゃー。がんばれー。
右:さて、新幹線の車両基地を見にいくも、なかなかうまく見えないのだ。見学用には作られてない。

101204☆a28 101204☆a29 101204☆a30
左:こうなると買物ネタしかないのだ。干し菊とは・・・どうやって使うのだろう。しかもこんなに大量販売。
中:同じ干し系でも、干し芋はなつかしい。TVでもやっていたので、なつかしさだけで購入。焼き芋より好きかもしれない。
右:「ふのり」を販売中。海藻天国の東北ならでは。岩手だともっともっと種類が多い。

101204☆a31 101204☆a32 101204☆a33
左:「はたはた」も安い。名古屋では食べる習慣もなく販売数も少ない。山形県産・・・そうか山形は山梨と違って日本海に面しているのを、今ようやく認識した^^;
中:さすが仙台。駅弁でなく普通のスーパー(本日はCOOP)に牛たん弁当を売っている。お値打ちなので、スーパーで買って列車に乗り込む・・・っての賢いかも。
右:これもなつかしい「マコロン」なぜか幼い時分これをよく食べたのだ。あられやせんべいより子供向け・・・という事なのか。しかしタマゴボーロなどとは違い、これは大人が食べても結構イケるのだ。
ネタに乏しいこんな日は、こうして売り場をウロウロしてネタを探す訳であった^^;
この記事のURL | ペットなど | CM(4) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。