1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フレーム発送状況
- 2010/05/29(Sat) -
100529☆a00
眠っている飼い猫の「カイ」寝ている時がシャッターチャンスなのである。起きている時はカメラを向けると必ずそっぽを向くのだ^^;

100529☆a01 100529☆a02 100529☆a03
左:さて、パンダガードは送付したのだが、フレームもゆがみがあるかもしれない・・・と念のため工場送りとする。
中:まずハーネスを取り外すが、これらも慣れたもので、こんな道具を使えば簡単に取れるのだ。
右:エンジン自体は六角ナット4本を緩めるだけ。こんな簡単なつくりなので、ものの10分とかからんし。

100529☆a04 100529☆a05 100529☆a06
左:何でも慣れでござる。フレーム素っ裸まで10分かからない。速攻で宅急便に出しに行けば明日には届くという。
中:軽バンのリヤガラスは、真っ黒けなスモークフイルムが張ってあり、釣り師のステッカーがやたら目立った。それらは全部はがしてスッキリしたのだ。
右:で、例の「Red Bull」ステッカーを貼れば誰の車かすぐわかるのだ。釣り師からパラ師に変身の巻でござる。

100529☆a07 100529☆a08 100529☆a09
左:サイドガラスにも貼って、駐車場でも迷わないようにしたのだ^^。
中:さて、自宅から200mの桜公園。ここなら立ち上げ練習やエンジンテストはできそうである。広さは50m×50mだが傾斜がかなりある。間違えて飛んでしまったなら、下の田んぼに降りるしかなかろうね。決して飛ばないけど。
右:帰っても猫のカイはまだ寝ていた。寝るのも猫の仕事のひとつ。どうか安心して眠っておくれ^^。
スポンサーサイト
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(8) | ▲ top
せとものの瀬戸で観光
- 2010/05/28(Fri) -
100528☆a00
瀬戸市の国府陶器店。この天守閣のような造りのお店は随分昔からある。もちろんこの3階部分の部屋にも実際にはあがれるのだ。きょうは瀬戸市内を少し紹介してみる。

100528☆a01 100528☆a02 100528☆a03
さて、瀬戸市内にある「窯垣の小径」を散策する。窯垣とは、焼成の際に使われた棚板や蓋等の焼物廃品、焼き損じたかけら、使用済みの焼物等を、積んで築いた塀や土台のことである。
随分年代も古くからあり、歴史的にも貴重なものも多い。

100528☆a04 100528☆a05 100528☆a06
焼成物をセパレートする棚や棒などを巧みに組み合わせ、石垣のように組んである。このような物は他に地方にはまず無い。
陶磁器産業が盛んであった、瀬戸市ならではの風景である。途中にある資料館を訪問する。

100528☆a07 100528☆a08 100528☆a09
資料館には、実際に窯の中でしつらえたように、棚や棒が組んであり実際にどのように使われていたものか、よくわかる。
この円筒形のものに、何やら字や記号のようなものが書かれているが、これらは屋号を表していたという。
タイルに転写する銅版画のようなものも発明されたのだった。

100528☆a10 100528☆a11 100528☆a12
江戸時代の古い陶器の皿など、今ではない味がある。
また馬の目皿など模様が何とも面白い。今の材料で真似しようにも、材料も道具も違うので、同じようなものは作れないのだ。
タイルも大量に焼かれて、国内・国外でよく使われていた。

100528☆a13 100528☆a14 100528☆a15
その昔は、一品ずつ手描きの文様であったが、転写が発明されてからは、模様付けの作業は一気に能率化された。
昔の道具場はこんな風だったらしい。桶や道具が並べてあり、その昔を彷彿とさせるものがある。

100528☆a16 100528☆a17 100528☆a18
古いかまどもあり、その昔はこれで煮炊きしていた。もうこんな物は探しても無い。
何とも懐かしい木の風呂桶。これに浸かるとよく温まり、木の香りに癒されるのだ。この大判のタイルも昔の雰囲気そのものである。こんなことで、昔にタイムスリップしてしまうのだ。
資料館の裏手は本業窯に通じる道であり、やはり窯垣でこのように整備されてあったのだ。

100528☆a19 100528☆a20 100528☆a21
人しか歩けない狭いくねくねした道を、歩いて行く。どこも陶磁器で飾られた垣根で何とも風情がある。
細かく見ると、昔の屋号の入った窯材料がそのまま使われていたりする。
このような物が、今では観光資源となっており皆さん懐かしがりながら歩いているのである。

100528☆a22 100528☆a23 100528☆a24
陶器の犬かと思いきや、生きている犬であった。それが証拠にワンワン吠えられた^^;
本業窯の資料館に到着。今も製陶業をしている実際の工場なのである。
すぐ脇には資料館もあり、クラシックな木造建築が何とも風情がある。

100528☆a25 100528☆a26 100528☆a27
さて、本業窯とは、登窯であり、江戸時代から使われてきた大規模な窯である。
焼成物を仕込む穴が何段もあり、一気に何千個も焼く事ができる大規模な窯であった。
もちろん薪をくべる伝統的な窯であり、現在でも年に数回は実際に焼成しているとの事であった。

100528☆a28 100528☆a29 100528☆a30
この周辺は、伝統的な木造建築が多く残っており、改築時も昔ながらの手法を用いて建てられているのだった。
駄菓子屋も、昔ながらの造りであったり、本業窯の瓦には、シーサーのような陶器の狛犬が鎮座していたり、面白い風景が残されているのであった。
この記事のURL | ごあいさつ・お知らせ | CM(0) | ▲ top
当然会社にも出勤するのだー^^
- 2010/05/27(Thu) -
100527☆a00
久々に会社に出勤。きょうは荷物があるので車で移動でした。矢田川の河川敷は、家やマンションが近いが立ち上げ練習なら最高かもね。残念ながらこういう広い河川敷が家の近くには無いのだ。

100527☆a01 100527☆a02 100527☆a03
晴天の名古屋市内を車で走る。時間帯がずれているので、比較的スムーズではある。
会社でパラ墜落時の説明をしてきた。仕事については今期の発注がなかなか無く難渋しているようだった。
これまたガセネタかもしれないが、北海道の業務が狙えるかも。
しかし前回も北海道・・・と前触れがあって、蓋をあけたら埼玉だった。
それはそれで、今考えれば仕事の面からも趣味の面からしても、最高の赴任地であった訳である。

100527☆a04 100527☆a05 100527☆a06
さて、自宅付近が飛べない・・・というのは、濃尾平野全体は人口密集&住宅密集でまったく隙間が無い。
そして、自宅は平野が尽きて山手にはいる場所なので、当然ながら平地も無い。従って飛べるエリアは無いのである。
更に大きな川及び、河川敷が皆無なのが厳しい。里山・・・といえども、集落の規模は小さく田畑は狭い。

重ねて文化的な裏づけも、歴史的な何がしも無い里山では、売り物にも観光にもならずなかなか決め手が無いのが現状。
この地域の発展を考えても、なかなかアイデアが浮かばない特徴に乏しい地域なのである。
こうなったら、町起しの景気づけにフライトしてPRでもしましょうか^^。
この記事のURL | ごあいさつ・お知らせ | CM(2) | ▲ top
データは生きているハズ^^;
- 2010/05/26(Wed) -
100526☆a00
あれま懐かしい。今でもこんな駄菓子を売っているお店があるのです。「瀬戸市福岡商店」
きょうは病院診察日で、レントゲン結果もよく次回の診察で正式OKかも。そんな上機嫌で懐かしい駄菓子を。
お店のおばちゃんによると、これらも新規変転が多く、デザインや内容が変わるようです。
ブタメンなどは新しいですよね。おいらが一番懐かしいのは、右下のフルカワオレンジガム。小学校の思い出也^^。

100526☆a01 100526☆a02 100526☆a03
さて、特にやることもないので、機材の再点検。フレームなど無傷だったのは不思議なことであります。
ただしプラスチックのベルトカプラーなどは割れておりました。これらはホームセンターで百円台であります。

100526☆a04 100526☆a05 100526☆a06
前回補強したトライアングル部もまったくひび割れもなく、さすがの出来であります。有難い。
そしてGPSは液晶画面が割れてNGかと思いきや、電源ONで「ピポ」音あり。液晶表示がダメでもデータがPCに移せるのかな?とUSB接続しましたが、認識されません。
多分データは生きているでしょうから、何とか取り出せれば、前回の墜落状況のてがかりがわかりそうなのですが・・・。
ま、いろいろ手は尽くしてデータ復旧してみたいですね。
GPS本体は買っても安いものですから、これは知れてます。安いのをドンドン更新したほうが吉ですね^^。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(2) | ▲ top
瀬戸では有名なお店
- 2010/05/24(Mon) -
100524☆a00
飛びネタが全くなく、食べ物ネタばかりであいすまぬ。しばらくはご辛抱の程を。さて、日曜日は実家の方へ訪問したらば、それでは会食に・・・とあいなる。写真を撮る場合は、蓋物は全部開いてから撮るべきでしたね^^;

100524☆a01 100524☆a02 100524☆a03
ハンドルキーパーがいますので、実家のお父さんも昼間からお酒でご機嫌な訳です。いやはや食べすぎてしまいました。
右写真は、愛知県瀬戸市の旧ユニー(現アピタ)の麺類屋さんですが、旧店舗時代から、大盛りで有名だったわけです。

100524☆a04 100524☆a05 100524☆a06
例えば、このカレーうどん。丼自体が特製の大きめなものであります。麺は強烈に太く腰がある。麺だけでざっと2玉はあるボリューム。
そして、カレーのルウが濃厚で、麺が持ち上がらないのであります。そして強烈に熱くて食べられない。
仕方なく、子ども用の取り椀に移して冷ましながら食べる訳であります。食べるのに時間がかかるので、急いでいる場合は絶対におすすめしません。お味もなかなかで、久々に食べた感じ^^。
この記事のURL | グルメネタ | CM(2) | ▲ top
こんな日は動画でどうかな?
- 2010/05/23(Sun) -

コブラ隊長から、DVDを貰いました。なかなか傑作な動画が多く、こんな日は動画でも見ましょう。
まずは、ikちゃんをタンデムで飛ばしますが、なぜかサイドバイサイドで浮きがイマイチ。
当然パワーを食われちゃいますので、タンデムバーなどちょいと工夫が要りますね^^。


コブラ隊長による、コブラガードの初飛びですが、豪快そのものですね。ガードのデザインわかりますか?


今年の神津牧場のフライト状況です。参加したかったよねぇ。
この記事のURL | フライト状況 | CM(4) | ▲ top
引越し移動の巻^^
- 2010/05/23(Sun) -
100522☆a00
きのう土曜日に、愛媛のアパートから愛知県の自宅に引越ししました。愛媛で最初に飛んだ川原津の海岸を眺めてさようならです。

100522☆a01 100522☆a02 100522☆a03
左:本当を言うと、休暇村の瀬戸内東予でひとっ風呂浴びたかったのですが、日帰りの入浴時間が合わず断念。海が見えてよさそうなお風呂なんですけどねぇ。
中:さて、今回はあえて今治を北上し「しまなみ海道」を経由して帰宅します。段ボール類は全てクロネコヤマトにお願いしました。
右:道路は空いている。「しまなみ海道」の文字がきれた。古いデジカメなので、シャッターを押してから実際に撮影するまで、随分時間がかかってしまうのだ。

100522☆a04 100522☆a05 100522☆a06
左:来島海峡第3大橋という、見事な吊橋形式。橋上は交互通行だが通行車両が少ないので余裕である。
中:島民専用の出入り口が設けてある。どの島にも人々が生活しているのだ。
右:もちろん一般通行車用の出入り口もある。時間さえあれば各島に降りて景色を堪能し、また美味しい海の幸を味わいたいものだ。

100522☆a07 100522☆a08 100522☆a09
左:多々良大橋という斜張橋にさしかかる。きょうは風もなく高速走行は最上である。雲っていて若干涼しいのも有難い。
中:各島ごとに、様々な風景があり、景色も文化も違っているのだ・・・と想像するのみ。
右:時間さえあれば各島でゆっくりしたいものだ。港あり浜辺ありで各々違いがある。これぞしまなみ。

100522☆a10 100522☆a11 100522☆a12
左:大三島から生口島に渡る。また斜張橋だが、ストランドワイヤーの傾斜加減がこれまた特徴がある。
中:因島にわたります。吊橋形式だが、主塔の中間にゴンドラがぶら下がっているような。
右:人が乗って何か作業しているようですね。慣れた人でも風が吹いたらさぞ恐いことでしょう。

100522☆a13 100522☆a14 100522☆a15
左:向島にわたります。中央の斜張橋形式で、片側2車線という、リッチな橋であります。側道のある橋は歩行者や自転車が渡れるようになっており、観光客らがおりました。
中:さて、ここで間違いなく岡山方面に向かうのです。
右:ところがです。福山市内で一旦高速を降りる訳ですが、ここでミスった。仕方なく福山東まで一般道。できれば笠岡や牛窓エリアに寄って、この最高の大気の中を見学したかったのに。

100522☆a16 100522☆a17 100522☆a18
左:山陽自動車道に乗り、吉備SAにて。不慣れな場合は高速移動が一番。
中:三木インターも早いので通過。本来はどこかで一泊する予定だったが、この際ドンドン進めであります。
右:と思えば神戸で渋滞に引っかかる。もうこうなったら遅くなっても名古屋を目指す。
結局家に着いたのが、21時まわっていましたが、愛媛から愛知まで7~8時間で着いてしまった。ま、これなら上等と致しましょう。何せ日曜のお天気がイマイチなのでゆっくりのんびりせず、タッタカ駆け足で帰った次第であります。
この記事のURL | 季節の風物 | CM(4) | ▲ top
東予港にもフェリーあり
- 2010/05/21(Fri) -
100520☆a00
西条市の東予港であります。コンビナートの巨大な煙突と、海苔養殖の竹ひびの風景が妙に面白いマッチングであります。

100520☆a01 100520☆a02 100520☆a03
さて、ここ東予港からは、大阪方面にフェリーが出ておりまして、意外や便利なものです。
フェリー大好き人間としては、ちょっと乗ってみたい気も。宿泊料込みで寝て移動できるのが魅力ですよね。
バックドア付近には、こんな植樹までしてあって、どこかの玄関風。たいていの場合は吹きさらしの波止場ですから貴重なものです。

100520☆a04 100520☆a05 100520☆a06
さて、キャノピーのほうに異常がないか見てみましたが、ライン切れも無く全く正常でありました。
細かいことを言えば、スピンに入り込んだ左ウイングのラインが、強烈にもつれていたので、スピン時に起因したものと思われましたが、何のこともなく綺麗にほどけました。
まだこのキャノピーは現役で飛べそうで何よりです^^。
この記事のURL | 季節の風物 | CM(2) | ▲ top
四国の機材回収の旅
- 2010/05/20(Thu) -
100520☆a00
本日は、5月1日に墜落した機材が、未だ四国で車内放置してありましたので、ようやく回収に行った訳です。
この広いグランドが「四国三郎の郷」の広大なグランドでありまして、申し分ない広さでありました。

100520☆a01 100520☆a02 100520☆a03
左:さて、墜落されたと言われている吉野川の堤防はこちら側だと推察されます。もう少し先の採石場に落下していたら、普通では済まない事だったでしょう。
中:逆サイドもよくよく観察しましたが、どこに落ちたのか形跡はさっぱりありません。
右:採石場側から見ますと、ある程度草が生えていてクッションになり、また落下ダメージが傾斜で分散されたようで、不幸中の幸いでありました。本人は記憶がありませんので、どう落ちたのか一切不明なのです。

100520☆a04 100520☆a05 100520☆a06
左:機材の方ですが、薄れる意識の中、エンジンは止めたので、プロペラは何と無傷なのであります。
中:丸かったアルミガードは8角形に変形。それでも補修は可能なのです^^
右:メインフレームなどは無傷。ただしディスタンスバーは45度上向いて曲がってます。しかしこうして衝撃を吸収してくれたおかげで、体の衝撃を守ってくれたわけですね。
おかげさまで、今では普通に歩けるし、軽い運動もできるほど復活しました。あり難いことです。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(2) | ▲ top
日本ゲソ揚げ協会(NGK)発足式^^
- 2010/05/19(Wed) -
100519☆a00
何せ烏賊が旨い。本音を言うと烏賊の本体より、ゲソ(脚部のこと)の方が、味があって旨いのだ。
活き烏賊料理の店で、烏賊のお造りを注文すると、胴部分はお刺身にしてくれて、残りのゲソについては、後造りということで、別途調理してくれる。たいていはゲソの天ぷらかから揚げになるのだ。
こうした時も、ゲソ揚げが妙に旨くて困ってしまう^^。

100519☆a01 100519☆a02 100519☆a03
ゲソ揚げは、どちらかといえば簡単な料理だが、なぜかこれを偏愛する。
サッと揚げたゲソに、レモンと塩だけでもいける。
あるいは、ポン酢などでも結構である。

100519☆a04 100519☆a05 100519☆a06
ちょっと揚げ過ぎてしまったかな?
こんな風にお弁当にいれても楽しい。
市販の稲荷弁当にはいっている場合でも嬉しくなってしまう。

そんな訳で、勝手ながら「日本ゲソ揚げ協会(NGK)」が本日発足したのであった^^。
この記事のURL | ごあいさつ・お知らせ | CM(8) | ▲ top
国際宇宙ステーション(ISS)を見よう
- 2010/05/18(Tue) -
100518☆a04
5月16日、午後11時28分に国際宇宙ステーション(ISS)にアトランティス号がドッキングしました。野口宇宙飛行士は、RPMにおいて時間の管理を担当しました。

宇宙空間で建設中の国際宇宙ステーション(ISS)。完成するとサッカー場くらいの大きさになります。条件がそろえば、日の出前と日没後の2時間ほどの間に地上から肉眼で見ることができるのです。国際宇宙ステーションを探してみましょう!

JAXAによる、野口さんが飛んでる国際宇宙ステーションを目撃する方法の案内

100518☆a01 100518☆a02 100518☆a03
そういう事で、きのう月曜日の20時過ぎに、家族で観察会を行いました。
飛行機と同じ程度の速度で、一等星よりも明るく飛んでいきます。
夜間に機体が光るのは、航空機ではありえませんので、明らかにわかります。
携帯で写真は撮りましたが、何がナンだかわかりません。三日月のみがやたら光っておりました。

100518☆a00
先日の日曜日には、ウチの娘がドッキング直前の2機の機体がランデブー飛行しているのを見事に目撃しておりましたので、今回家族でまた確認したわけなのでした。一応飛びネタ・・・って事でよろしくです^^;

●5月16日(日)のISS目視情報について (JAXA記事)
5月15日3時20分に、NASAケネディ宇宙センター(KSC)から打ち上げられたスペースシャトル「アトランティス号」(STS-132)が、5月16日23時28分に国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしました。

5月16日19時45分前後と21時18分前後に、各地からISSを観測できましたが、その際にISSと一緒に見えたもうひとつの光は、ISSにドッキングする前のアトランティス号です。
この記事のURL | 季節の風物 | CM(3) | ▲ top
オイラもたまには学校に行きます
- 2010/05/17(Mon) -
100517☆a00
本日はリハビリを兼ね、久々に大学に行ってみる。当然必要書類を貰うのが主眼であった。
在学当時は工業系の単科大学であって、野郎だらけの殺風景なキャンパスであった。
今では総合大学になり、スカート姿の女学生も闊歩しており、まるで見違えるように華やかな風景であった。

100517☆a01 100517☆a02 100517☆a03
左:自宅から例の愛知環状鉄道に乗る。これが有るか無いかで便利さが格段と違うのである。
中:中京地区のデジタル電波を担う「せとデジタルタワー」を眺めながらのんびり列車で。
右:JR中央西線の神領駅。ここも駅が綺麗になっている。

100517☆a04 100517☆a05 100517☆a06
左:明るいペデストリアンデッキを歩いて、何とスクールバスに乗ればすぐ到着。何と進化しているではないか。
中:神領電車基地には、たくさんの車両が整備・清掃されている。きょうは小牧空港の自衛隊機が盛んに練習飛行をしている。
右:卒業証明書を貰って振込みをし、速達で送るだけ。学内に郵便局もあり便利なこと。昼飯も学食です。何と390円でボリューム満点のきしめん定食。麺の量も普通の1.5玉もあり、充分だ。
他の地区なら「うどん定食」なんでしょうけど、名古屋はこの出汁の旨さが独特で病みつきになるのだ。
ここ以外に、何と学内にマクドナルドやカフェ、売店など多数あり、いつのまにかお洒落なキャンパスに変身していたのだ。誠にうらやましい環境となっていた。
この記事のURL | 季節の風物 | CM(4) | ▲ top
たまには息抜きで・・・^^
- 2010/05/17(Mon) -
無題2
まだ体の方は完治しておりませんが、無事に自宅に戻ったという事で、実家で簡単なお祝いを。
当然車の運転はできませんし、アルコールもご法度です。娘が運転手を務めてくれるので安心。
普段は食べたことのない、お肉やお魚、おつゆや餃子を食べ過ぎてしまった。
明日から、歩ける範囲でお散歩などして、体調を整えよう。
この記事のURL | グルメネタ | CM(0) | ▲ top
概略状況報告
- 2010/05/16(Sun) -
無題
例の5月1日の状況を、わかる範囲でまとめる。
この日は、山飛びの大会である、第2回パラグライディングアジア選手権にし阿波 (2010年5月1日~9日)の
前夜祭&練習日であり、モーターによるデモフライトの要請があった。

当日の風は西の風4m、時折ブローがあってよくない。基本的には吉野川沿いに吹いているが、
若干山越えの北ないし南寄りのMIX風が吹いている状況であった。

山飛びの選手たちは、既に100名以上来ていて、10時の説明後山へ登って行った。
モーターチームは約10名程度集合(見学&サポート含む)しかし風良くなく誰も飛ばない。

10時半ころ風見で一旦飛んでみる。ものの10分少々で降りてくる。風は強いが荒れ模様も若干ある。
昼ころもったいないので、もう1本飛んでみる。風の方向が一定でない。
一周まわったところで、すぐ降りてはもったいないので、もう一周飛んで降りる事とする。

風強めなので、ピッチアップしたりよくない。朝イチよりサーマルがきつく翻弄される場面多し。
こんな場合は早々に降りるが吉。そんな時にいきなり左ウイングが暴れ、完全に潰されたようだ。
今までに無いおかしな挙動で、対応する暇もない。急にスピンに入ったようで、景色がグルグル回る。
何も出来ないが、かろうじてエンジンカットだけはする。(ここで意識がトンでいる)

落下の状況などは、まったく記憶が無いのだ、気がついたら病院のベッドに寝ていた。
CTも撮ったらしいが、全く記憶なし。この後酸素吸入と点滴だけで、何日も生きていた。

後々の状況聞くと、落ち始めは100m無かったようだ。7~80mらしい。
離着陸地点からは、藪があって直視不可能だったらしい。
急を察知したメンバーにより、病院に担ぎ込まれ、機材も撤収して貰い、家族に連絡もして頂いた。
華やかな大会の添え物だったのに、大変残念なことになってしまい、申し訳なく思う次第である。
この記事のURL | イベント・遠征 | CM(8) | ▲ top
お買い物OK・・・の状況なり
- 2010/05/15(Sat) -
100515☆a00
まだ自動車の運転はできませんが、お買い物につきあうぐらいはできるようになりました。
ただし重いものの運搬は、ちょっと無理です。近くのスーパーや店舗は入れ替わりが激しく、しばらく来ないうちにまったく様変わりしております。栄枯盛衰いとあわれなり^^;

100515☆a01 100515☆a02 100515☆a03
家に戻ると飼い猫の海(カイ)ちゃんが、おいらのふとんでくつろいでいました。敷パッドを新しくしたばかりのところに、猫の匂いと抜け毛を大量にすりつけて、縄張りを主張しておりました。
療養中は、この猫の世話も込みになります。餌やりなど面倒をみなくてはなりません^^;
この記事のURL | ペットなど | CM(3) | ▲ top
東海スカイクラブのサイト
- 2010/05/14(Fri) -
100514a☆00
愛知県の「東海スカイクラブ」のサイトがリニューアルされました。
当分名古屋で生活するなら、地元のクラブに久々に訪問したいところです。

エリアは木曽川の河口から、数キロ遡ったところにあります。
トライクとパラモーターが同じ滑走路を使用しながら仲良く飛んでいるエリアであります。


東海スカイクラブの新サイトはこちらから。
この記事のURL | ごあいさつ・お知らせ | CM(0) | ▲ top
コミュニティバスで・・・
- 2010/05/13(Thu) -
100513☆a00
療養中の身の上ながら、散髪などはしたいのである。バスで近くの駅まで行く。

100513☆a01 100513☆a02 100513☆a03
左:朝は寒かったが良いお天気で、日中はポカポカ陽気。しかし風は冷たいのだ。以前のJRバスは撤退し、市営のコミュニティバスのみ運転されているのだ。
中:山口駅前は綺麗に整備され、見違えるようになった。しかしデジカメと違い携帯写真は画質が良くないね。
右:バス・・・と言っても、大型のワンボックスカーで、定員10名ほど。しかし100円で市内乗り放題ならいいのかも。日中でも高齢者が利用しており、行き帰りともまずまずの利用具合であった。
 長距離歩くには、体力が回復していないし、車の運転もご法度。なれば適度な運動として利用させてもらって丁度良かったのであった。
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(6) | ▲ top
徳島から名古屋戻りで^^;
- 2010/05/12(Wed) -
100511a01.jpg
徳島から名古屋戻りです。骨折していますが、何とか電車には乗れるのです。
デジカメが無くなってしまったので、みな携帯写真ばかり。
阿波池田の駅はこの近くにしては大きめな駅ながら非電化なり。

100511a02.jpg
曇り空だからか、携帯レンズだからか、列車の車窓だからか・・・仕方あるまい。

100511a03.jpg
瀬戸大橋が唯一の鉄道交通路なので、これを渡ります。
いろいろ空き地が広くてよさそうですなー^^。
しばらくは名古屋の自宅で療養してからになります。
この記事のURL | 観光・鉄道 | CM(8) | ▲ top
最近の状況
- 2010/05/09(Sun) -

まだ徳島県でこんな状況です。
様子をにらみつつ一度名古屋に戻る予定なり。
この記事のURL | 季節の風物 | CM(10) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。