1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
超早い完成・・・の巻^^
- 2010/03/31(Wed) -
100331☆a00
超短期間ながら、パンダガードの完成であります。ホントにこのデザインになっちまったよ・・・^^;

100331☆a01 100331☆a02 100331☆a03
左:まずはスッピンのフレームにガードをマウントしたところ。
中:エンジンちゃんだけ、載せてみる。いい感じだ。
右:リコイルコードの取り回し用に、専用のステーまで追加してある。

100331☆a04 100331☆a05 100331☆a06
左:ハーネス・燃料タンク・プロペラを装着し完成。ネットレスだけにスッキリした印象。
中:工場内には、例のC-Maxがまたもやバラバラにされていた。
右:こんな事ばかりやっていて、本業の方は大丈夫なのか・・・と言うと、工事用の機材の改修などで、随分賑わっていた。早くて・安くて・良質・・・どこぞの牛丼屋のようなフレーズだが、これが客が客を呼ぶことになり、技術に信用が付いてくる・・・という典型的で模範的な工場なのであった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(2) | ▲ top
寒の戻りフライト^^
- 2010/03/28(Sun) -
100328☆a00
きょう日曜日の赤城は霞の中。風も強めだし、何より寒い。冬に逆戻りの天気なのだ。

100328☆a01 100328☆a02 100328☆a03
左:上武道路を北上する。きょうはスフィンクスも寒そうに固まっている^^;
中:本日の伊勢崎は気温5度。風が冷たく今にも雪が降りそうなお天気。しかしフライヤーは集まってくる。
右:とりあえず1本飛んでみる。エリアに初めて来るメンバーのためにも、飛んでいれば場所がわかるかも。

100328☆a04 100328☆a05 100328☆a06
左:きょうの赤堀消防署は、消防車&救急車が建物の中にはいっているね。
中:C-MAXの発電コイルの赤線は、鉛バッテリーに直結になっておりました。(韓国製ハヌルの場合)
右:赤ラインが鉛バッテリーの端子に直結で、レギュレーターは無しになっております。(質問があったので)

100328☆a07 100328☆a08 100328☆a09
左:本日の赤城はしっかり雪雲の中。頂上は当然ながら雪が降っている模様。
中:隊長のC-Maxの吸入ボックスのステーを、分割方式にしてみたそうです。
右:吸入効率が変わるかどうかの実験。このエアクリーナでも、色がマッチングしていて違和感が無いというもっぱらの噂^^;

100328☆a10 100328☆a11 100328☆a12
左:韓国はスカイエンジェル社製のMITSURGY。サイズはXSでしょうか。もちろん山飛びキャノピーでしょう。
中:これで飛べるかどうか・・・って飛んでしまいました。立ち上げ練習用でしたので、飛んだのは初めてです。
右:色も目がおかしくなりそうな、蛍光ピンクでインテークが頭がはいりそうに巨大なのである。


ミツルギーでフライト。風が強めなので結構浮きますが、風が弱いと苦労しそうですね。

100328☆a13 100328☆a14 100328☆a15
左:お次はコメット社製ディスカス28m2。DHVの1-2をクリアした山飛びキャノピー。
中:どんなユニットでも、どんなキャノピーでも飛んでしまう隊長。もちろんこれも立ち上げ専用で飛ぶのは最初で最後です。
右:これもスンナリ飛んでしまいました。ただし翼型は後ろが跳ね上がるリフレックスのような独特のスタイル。ま、Cラインが縮んでしまっている・・・という説も^^;


ディスカス1000でフライト。旋回すると極端に速度が落ちるので、見るからにスリリン・グ~^^;

100328☆a16 100328☆a17 100328☆a18
左:さて、きんちゃん工場に仕事の邪魔をしに行く。ミニプレLを分解し手術台に載せる。
中:お着替え用に、大熊猫の顔をあしらったガードを装着できるようにするのだ。(本音は何も無いのが希望)
右:なんとガードリングはもう曲げてあった。頼んだらスグやって頂けるあり難い&あり難い^^;

100328☆a19 100328☆a20 100328☆a21
左:専用の治具を瞬間芸で作ってしまうからスゴイ。ここらへんはさすがにプロの技である。これでセンターとガードの位置が決まる。
中:何と頼みもしないのに、大熊猫のパーツがもう作ってある。これで拒否出来ないようにする作戦な訳だ。
何せこれを断ると、急に製作意欲が無くなってしまう恐れが。いろんなユニットに愛称やロゴや奇抜なデザインを入れるのが、オリジナルだし、一連のシリーズ物のわけだ。
右:工場内には、大量のC-Maxとオリジナルユニットがごろごろしている。これがまた実際に飛んでいるからスゴイ。

100328☆a22 100328☆a23 100328☆a24
左:無限アクティブバーシステムとか、メーカー製には無い個性的なマシンだらけだ。
中:きんちゃん工場を辞して、HNJエリアに。風は強めながら飛べそうな強さ。時折しぐれ模様。
右:こんな寒い日は、暖かい珈琲がご馳走。何も無くても四方山話が続く贅沢なひととき。

100328☆a25 100328☆a26 100328☆a27
左:来月から南アフリカに永住するため、とりあえずヘルメットをテスト中。
中:こちらはカンボジアに永住するそうでありまして、やはりテスト中。(もちろんフィクションです^^)
右:風はよさげなのですが、飛ぶ人がいません。時折雨が落ちてくる。

100328☆a28 100328☆a29 100328☆a30
左:名無しキャノピー。これを立ち上げて遊ぼうという話。
中:デザインはインディペンデンスに似ているよね、インディ。
右:これまたミニプレのフレームに補助車輪を付け、ランディングの補助&移動用に使おうというアイデア。
このように、お天気が良くても良くなくても集合してしまうフライヤー達なのでした^^;
この記事のURL | フライト状況 | CM(2) | ▲ top
MIX風の春の日
- 2010/03/27(Sat) -
100327☆a00
土曜日の朝はAKB55から始まる。三寒四温とか、先日来の冷え込みにて半ば溶けた浅間山の雪も、また真っ白に逆戻りなのだ。

100327☆a01 100327☆a02 100327☆a03
左:毎度のように、坂東大橋を北上。週末の恒例ルートである。今朝は赤城山も雪化粧を纏う。雲ひとつない晴天。
中:エリアには、すでに山ちゃんが来ていて、離陸準備ちゅう。Hndさんは、なぜか今朝は飛ぶ気がないという。そういう気分の盛り上がらない日は、飛ばない方が無難なのだ。
右:日差しは暖かいが、風が冷たい。しかも風向きがコロコロ変わる落ち着かない気流なのだ。風も弱い。

100327☆a04 100327☆a05 100327☆a06
左:それでも東の風と定め、風向きのタイミングを見て離陸。東から東南東になったり東北東になったり。
中:パンダもチョイ飛びであがってみる。まだサーマルは弱いながらも、いろんな風がMIXしてフワフワ良くない。
右:赤堀消防署にご挨拶。あまりお世話になるようなことには、なりたくないケド^^;


山ちゃん離陸で、大接近^^;


山ちゃん着陸してから、キャノピーが牛糞に^^;

100327☆a07 100327☆a08 100327☆a09
左:JR伊勢崎線の国定駅に入線する、オレンジ電車。駅前公園は寒いからか犬の散歩の人も見かけない。
中:対向電車と待ち合わせとなる。ここは国定忠治の菩提寺の最寄駅となる。
右:今朝は赤城山はもとより、榛名山まで雪景色。ふもとでは霜が降りるほどの放射冷却である。桜の咲くころの冷え込みを「花冷え」と詠む。

100327☆a10 100327☆a11 100327☆a12
左:何せ少し飛ぶだけで、手が痛いほど冷たくなる。山ちゃんより後に離陸し、山ちゃんより先に着陸したのだ^^;
中:さて、場所をHNJエリアに移動した。季節は春。小さな植物たちも活動を始める。
右:ミニプレLとM。こんな超広い採草地なので、どこまで走っても、どこに降りても自由だー^^。

100327☆a13 100327☆a14 100327☆a15
左:風は西風と東風のMIX。ところどころサーマル有り。野球大会の様子を写真に撮ろうと、アイドリングで近づき、そのまま去ろうと左ターンかけた瞬間、右翼のテンションが抜け不安定に落下。高度は写真のように50m以下。時間は1秒くらいか。幸いにも自動復旧しパワーをかけつつ逃げ帰る。坂東大橋のローターと河原のシンクにやられたのだった。通常ならパワーをかけながらターンするところが、ラム圧が不足するような飛び方をしたのがよくなかった。右のウイングの半分くらいまで潰れたかも^^;
中:暖かい日差しの中、早くもランチタイム。また朝日屋の出前を頼んでしまった。
右:本日は親子丼チーム対カツ丼チームとなる。味噌汁に漬物までついて、アウトドアで食べるご飯は妙に美味い^^。

100327☆a16 100327☆a17 100327☆a18
左:BRINPさんは、アクションGTのクロスライズアップが出来ないと、実地にGTオーナーの悪路名人の特訓を受ける。
中:えんくうさんは、STORMのサイズSを、バリバリのおニュウで立ち上げ。今までMで飛んでいたが更に速い機体にサイズダウンなのだ。
右:夕刻も3時をまわれば、風も東で安定し、こんなフォローでも片手で安心して写真が撮れる。内陸の風はどうなんだろう・・・と思うが、河原の風は川の上下流方向で吹くことが多く、風向きさえ安定していれば通常どおりのフライトが出来る。

100327☆a19 100327☆a20 100327☆a21
左:フライプロダクツの小川さん登場。C-Maxのフライ純正(これも変な言い方かな?)を組み立てて試運転。C-Max関係のご質問は、ぜひ小川さんにお願いします。パンダはC-Maxのオーナーではなく、飛んだこともありませんので、メールや電話での機械・部品のご相談には、ほとんど対応できませんので、よろしくご承知おきくださいませませ^^;
中:そうは言いつつも、細かいバージョンアップには目が行くのだ。初期型のC-Maxに比べゴムブッシュなど大型化され、エンジンメーカーも仕様変更に余念がない。エキゾースト出口の溶接補強なども細かく改良されつつあるのだ。
右:さて、ウランちゃん登場。フライのシモニーニMAXに、ニンジャ19m2という組み合わせ。極小サイズで沈下率の速いキャノピーを、大パワーのエンジンで押して飛ぶという、かなり豪快なフライトとなる。1300のプロペラをほぼ全開運転で飛びまわる^^;


ウランちゃん、スケーティングしながら、パワーで離陸^^;

100327☆a22 100327☆a23 100327☆a24
左:飛んでしまえば機速は速いし、着陸の沈下もこれまた速いし、要するに超有名グライダーである、シンフォニーのXS版だと思えばよい。
中:群馬パラグライダーの境エリアから、Ykoさん飛来する。
右:赤城のHrsw事務局長も、きょうはC-Maxでフライト。今までフルスロットル運転をしたことが無いという。逆に急激にスロットルを開けるとタイヘン。

100327☆a25 100327☆a26 100327☆a27
左:坂東大橋から、昼間の野球場方面に。この時間は穏やかで何もない。
中:エリアから、何機か離陸準備していると、これはこれで心強いものがありますね。
右:パンダ自身の写真は数少ないので、これはまた貴重な写真になります。何せ自分で自分は撮れないもんね。

100327☆a28 100327☆a29 100327☆a30
左:で、Ykoさんも撮り返してあげる。普段はこんなひょうきんなポーズはしないそうだが、エリアに来れば誰でもハイテンション。年齢に関係なく盛り上がってしまうのだ♪
この後、デジカメの所在がわからなくなり、随分さがしまわったわけですが、自分で何気なくハーネスのポケットに入れていた^^;
携帯電話と違い、呼び出しても答えないデジカメの場合は、ホントに困る。Ykoさん飛んで帰る時間に足止めしてしまい、スンマセンでした^^;
中:そんなわけで境エリアにまた飛んで戻っていきました。パンダのポカミスでしたやれやれ^^;
右:それで、これがフライプロダクツの廉価版C-Max。品質は全く遜色ない。ペラは取り回しのよい1150mm。パワーは充分。価格はほぼ500k円で出せるそうだ。フライプロダクツジャパンのオリジナルバージョンで、このお値打ち品なら、正直一台欲しくなってしまう。(お金さえあればだけど^^;)
 また、噂のポリーニ100トール搭載モデルも近々登場するそうなので、それも実際見てから好きな方をチョイスしてはいかがでしょうか。
この記事のURL | フライト状況 | CM(0) | ▲ top
F・N・F(フライデー・ナイト・フライト^^)
- 2010/03/26(Fri) -
100322☆a00
忙しい年度末の一週間がようやく終わり、ほっとした金曜は、土日の前夜祭というわけ。
河川敷に向かうも、陽は沈み、もう18時をとっくに回っておりますぜ。旦那^^;

100322☆a01 100322☆a02 100322☆a03
まぁ、そういうも河川敷にGO!なのだ。夕方の渋滞がうらめしい。しかしドンドン暗くなるが平気なのである。
風は程よく、吹流しも出さず(どうせ暗くて見えない)燃料入れっぱなしのエンジンを取り出し到着後5分で離陸。
ストロボ抑制をしないからか、肉眼よりも暗く写っているような気が。
ニンゲンの目は、暗いところで行動すると、暗くても見えるようになる、優れた特性があるのだな、うん。

100322☆a04 100322☆a05 100322☆a06
坂東大橋の車の列や、本庄市街地の夜景が綺麗。
エリアに置いた車が幸いにも白いので、暗闇でも着陸地点がわかってよいのだ。
ま、しかしイロイロあるもので、ギリチョンに着陸して、車に近い方にキャノピーを降ろしたら、思わぬところにラインがひっかかってしまったのだ。
こういう時は、車のモールやネジ部に見事に噛み込む訳だ。やれやれ・・・^^;
しかし短い1本のフライトのみで、気分すっきり週末モードに。鼻歌ルンルンで帰宅した春のたそがれであった^^。
この記事のURL | フライト状況 | CM(2) | ▲ top
ねこに優しい町
- 2010/03/23(Tue) -
IMG_8065.jpg
「はい、注意します^^」
採取地:埼玉県児玉郡上里町
この記事のURL | ペットなど | CM(2) | ▲ top
笹追い祭り本祭
- 2010/03/22(Mon) -
100322a☆00
きょう月曜祝日は笹追い祭りの最終日。埼玉から居なくなるので、生前葬のスタイルとか。お供えには笹の葉がはいっていた、お彼岸なのでした。

100322☆a01 100322☆a02 100322☆a03
左:朝7時半。AKB55に行こうか迷っていると、コブラ電話「早くEOAで1本飛ぼう」って事で東に向かう。きょうの赤城はクッキリ見える。
中:午前は風強く、ターゲットのマーカーを作成する。
右:菜の花はいま盛りなり坂東太郎

100322☆a04 100322☆a05 100322☆a06
左:フライプロダクツ社製コンプレス(ブラックデビル)のプロペラがC-Maxに流用できるか・・・という話は、充分可能です。プロペラの平面型はほぼ同一であります。
中:後ろC-Max手前コンプレス。穴数PCDまったく同じであります。
右:プロペラのピッチも見た感じでは同一ですね。

100322☆a07 100322☆a08 100322☆a09
左:きょうもコリアンC-Maxを囲む。例によりマントマンも来る。またの名を「えんくう」なむ言いける。
中:ウランちゃんのシモニーニ。スッキリしたシンプルなデザインである。
右:燃料タンクはなんと20リットル。汎用のポリタンクを流用している。

100322☆a10 100322☆a11 100322☆a12
左:風が強いのに、風見であがるコブラ隊長。こんな時でも凧と戯れる茶目っ気タップリ。
中:あいやご亭主。フライプロダクツのC-Maxリコイルバージョンをご新規にて購入せり。
右:ハーネスの取り付け金具にカバーをつけたり、細かい部分が親切設計なのだ。

100322☆a13 100322☆a14 100322☆a15
左:本日は見事に集った総勢25名。様々なエリアからここに集合したのだ。
中:最初に焼いたステーキ肉がしみじみ美味かった。塩のみがイケる。
右:Srkさんによる、サックス生演奏。エリアでこんな文化的な物が披露されるとは。


まさかこんなことがエリアでされようとは驚きであります。

100322☆a16 100322☆a17 100322☆a18
左:ニラ饅頭を焼いてたれで食べる。
中:お次はキビ餅をコンガリ焼く。
右:外はカリカリ中はもっちり。風味が良い。

100322☆a19 100322☆a20 100322☆a21
左:モモ姫もシシ鍋をご相伴。
中:トライク登場。
右:本日も見事に飛行せり。

100322☆a22 100322☆a23 100322☆a24
左:キャノピーを張る位置を争うほど、大勢が飛ぼうとする。
中:お祭りかと、見学者が何組もある。
右:特A号のバイオニックを発見。利根川を下っていきます。

100322☆a25 100322☆a26 100322☆a27
左:ニンジャ対バイオニック。
中:陽も傾けば影も伸びたる利根の川原。
右:上流の方にも飛んで行きました。

100322☆a28 100322☆a29 100322☆a30
左:千春号が飛んでいますが、なぜか黒っぽいんだよな。
中:黒ネクタイに礼服で飛んでいたのである。
右:きょうはパンダが埼玉から居なくなる・・・いわゆる生前葬のようなもの。お供えの中身は笹だった。



龍馬さんのターゲット。ギリギリ踏んだことにしましょう。そうしましょう。
この記事のURL | フライト状況 | CM(4) | ▲ top
春眠暁を覚えず・・・
- 2010/03/21(Sun) -
100321☆a00
夜来風雨の声 花落つること知んぬ多少ぞ・・・とはいえ、低気圧の発達で引きの風が強い日曜。
こんな日はきのうの写真を整理して、未アップ分を使いまわす^^;

100321☆a01 100321☆a02 100321☆a03
左:暖かく快適な季節だが、上空はまだまだ寒い春の風。
中:いたるところがフワフワした気流。浅間山方面も霞みの中。
右:そうそうC-Maxのリダクション比ですが、プーリー直径は136:50で減速比は2.7であった。
これは、フライプロダクツの輸入版も、コリアンC-Maxのハヌルも、同じプーリー径で同減速比。

100321☆a04 100321☆a05 100321☆a06
左:ZEROのアクティブバーは、無制限リミット無し可動であるが、樹脂ワッシャーをかましてスカスカ動くのを若干渋く改造している。
中:イージー正立版のTA1。こうなると元のユニットの素性がわからない大改造になる。
右:ハーネスの吊り位置が高くなったので、富山の置き薬の箱を座台とする。緊急医薬品も常備でき一石二鳥とか^^;

100321☆a07 100321☆a08 100321☆a09
菜の花や、月は東に日は西に。春もうららと飛びまわる。

100321☆a10 100321☆a11 100321☆a12
エリアでは、カップラーメンでもなぜか美味い。お土産のドライマンゴーとか。

100321☆a13 100321☆a14 100321☆a15
左:アルコール分完全ゼロ%のビアテイスト飲料。これでも気分はビール。喉の渇きにはやはりこれだ。
中:たいやきやいた。たいやきやけた。たけやぶやけた。
右:絶好調のラケット。しかし飛んだのは本人でなくて、なぜかえんくうさん。

100321☆a16 100321☆a17 100321☆a18
左:で、Ikrgさん本人は、ミニプレーンでフライト。軽いしパワーもあるので、楽勝です^^。
中:Ikrg号ストームと、龍馬号アクションGTがピッタリ並行フライト。
右:カラーリングがよく似ているので、どちらがどちらか見分けが付かないくらい似ています。
こんなド安定で、日が暮れても飛びまくった土曜日のEOAなのでした。
この記事のURL | フライト状況 | CM(2) | ▲ top
笹追い祭り第1日目
- 2010/03/20(Sat) -
100320☆a00
きょう土曜日は、暖かく一日中風穏やかで最高の日となりました。

100320☆a01 100320☆a02 100320☆a03
左:本日も朝一番にAKB55エリアに。なんと暖かいのでしょう^^。風も穏やか。
中:若干サーマルもありフワフワした大気。しかし春の空気ですね♪
右:JR国定駅を空中訪問。たまたま電車がいなかったのだ。

100320☆a04 100320☆a05 100320☆a06
左:なぜか朝から「赤まむしドリンク」を頂く。これで元気モリモリかな?
中:アクションGT大流行。しかも、このカラーが多いのだ。
右:きんちゃん号のテイクオフ。圧倒的なパワーで急上昇。

100320☆a07 100320☆a08 100320☆a09
左:さて、イージー100のローダウン版。エンジンは正立。固定アクティブバーとする。
中:脱着時にスムーズなように、バーが回転して広がるのだ。このような機構で回転部をサポートしている。
右:そのイージー100で試験飛行になります。風の方向がなかなか定まらないのだ。


ローダウン改造後のTA1。試験飛行するも風待ち長すぎて、エンジンかぶり気味。
牧草を踏みながらの離陸となりました^^;

100320☆a10 100320☆a11 100320☆a12
左:昼ごろに移動し、EOA(えんくうおいらのエリア)に。今まさに菜の花の花盛り。
中:その菜の花のエリアをまったり飛ぶ。
右:菜の花に/飛ぶ影を追う/彼岸かな

100320☆a13 100320☆a14 100320☆a15
左:春の日は/霞たりて/上州の/川面に遊ぶ/翼達かな
中:HNJエリアからBRIMPさんが飛んで来ました。
右:コブラ隊長のシモニーニミニ2ですが、フレームを更新しようという作戦会議です。皆人の機械だと勝手な冗談ばかりで盛り上がるのだ^^;

100320☆a16 100320☆a17 100320☆a18
左:こちらはステンレスアートのきんちゃん工場製マシンがずらり。
中:こちらはミニプレーン軍団。
右:ここもミニプレ花盛り。

100320☆a19 100320☆a20 100320☆a21
左:ナクレオンの立ち上げ確認を皆さんで。
中:で、久々に復活フライト。
右:んで、この人もナクレオン初試乗なり^^。

100320☆a22 100320☆a23 100320☆a24
左:なかなかアグレッシブなフライトでございました。
中:サンダルチームが色違いで集合したり。
右:甘酒で乾杯のまねごとをしたり。

100320☆a25 100320☆a26 100320☆a27
左:超巨大な吹流しがたなびく風景。珍百景・・・登録なるか?
中:で、笹追い祭りの看板まで登場したりする。さすが本職。
右:こちらはアマチュアですが、たい焼きを焼いたら「たいやきやいた」回文なり。

100320☆a28 100320☆a29 100320☆a30
左:あらまあ、ちょっと焦げてきたケド、皆さん胃は丈夫そうだから。
中:いい香りがすると、モモも食べたいのだ^^;
右:結局日没後まで飛び続け、真っ暗になるまで宴会の続くEOAなのでした。
この記事のURL | フライト状況 | CM(4) | ▲ top
ひとり前夜祭は不発の巻^^;
- 2010/03/19(Fri) -
100319☆a00
きょう金曜日は明日からの3連休の前夜祭なのだ。仕事はとっとと終わって河川敷に行く。
どんなに急いでも18時前なのだ。陽もまさに暮れなんとす。

100319☆a01 100319☆a02 100319☆a03
暗くなりつつあるが、まだまだ充分明るい夕べ。しかし風は4~5mと強いのだ。
風が強くても、エンジンは回しておく。それと燃料が1リットルなので、明日以降のために4リットルに。
通常は2~3リットルなので、多めである。10リットルタンクだが、遠乗りする時以外は5リットル以上積まない。
ただでさえ重いので、燃料が多いと上昇率が良くないのである^^;

100319☆a04 100319☆a05 100319☆a06
若干風弱まったかな・・・と準備はするが、風に強弱がある。
これ以降は写真が無いが、一応クロスで立ち上げる。
しかし風が南東から真南へ。風向きまでコロコロ変わる。

こんな日は飛ばぬ方が吉・・・と明日からの3連休に托して翼を畳む夕暮れであった^^;
この記事のURL | フライト状況 | CM(2) | ▲ top
C-Max3ブレード動画
- 2010/03/15(Mon) -

C-Maxの3ブレード版で、試験飛行。音は2ブレードよりやや高い感じがあります。
土曜日の動画をアップし忘れていたこともあって、ここに掲載しておきます。

100315☆a00 100315☆a01 100315☆a02
HELIXのカーボン3ブレード。なんだかやたらカッコイイのだ。
この記事のURL | フライト状況 | CM(6) | ▲ top
正代エリアにお邪魔しました^^
- 2010/03/14(Sun) -
100314☆a00
東松山の正代エリア。風強くてもサーマルあってもガンガン飛んで来ました^^。

100314☆a01 100314☆a02 100314☆a03
左:きょう日曜日は朝一番に、嵐山のお借りしている牧草地に吹流しをセット。後でここまで飛ぼうという話です。
中:さて正代エリアに到着。ここはお借りしている遊休地を草刈管理しているエリアであります。
右:風強めですが、コブラ隊長がまずは風見。

 100314☆a05 100314☆a04 100314☆a06
左:こちらはブンブン丸のユニット。エンジンはシモニーニ。
中:軸受けのベアリングとリダクションのプーリーを自分で交換したとか。
右:ご主人さまに甘えるモモちゃん。これにはコブラ隊長もメロメロで、目尻が下がりっぱなしです^^;

100314☆a07 100314☆a08 100314☆a09
左:さて、ここから嵐山まで4機で飛ぼうという事で離陸。ここは丁度川の合流点で、珍しい沈下橋が架かっています。
中:風が強かろうが、揺れようが平気で飛んで行ってしまうコブラ隊長。
右:関越自動車道を越える。サーマルのため高度があがってしまう。

100314☆a10 100314☆a11 100314☆a12
左:田園地帯を飛んでいく。ついつい高度が高くなる。コブラ隊長はあんな所に。
中:嵐山まで来ましたが、風が荒れ気味なので、このまま全員Uターンであります。
右:川を渡る時やゴルフ場の端の森は揺れます。一度ストンと落とされたのはヤバイ感じ。チョイ引き中パワーで乗り切る。

100314☆a13 100314☆a14 100314☆a15
左:新しくできたケーズ電気。ここもランドマークになります。屋根や駐車場のサーマルは大したこともなし。
中:メンバーが次々に戻ってきました。
右:アカシバさんのキャノピーは、サーフエアでした。

100314☆a16 100314☆a17 100314☆a18
左:風が無ければ暖かいし、ゆっくりくつろぎます。こんなのんびりするのが最高の贅沢。
中:次は南を目指します。上がアカシバ隊員の機体、下がコブラ隊長の機体。
右:建設中の圏央道ですが、今月中に延伸し開通するそうであります。

100314☆a19 100314☆a20 100314☆a21
左:まわりは田畑が多いので、プレッシャーがありません。
中:ただし高圧線が所々にありますので、高度に注意です。
右:ここが白鳥飛来地だそうで、確かに点々と白いのが川の中に居ます。高度は高めに迂回してパス。

100314☆a22 100314☆a23 100314☆a24
左:久々に長距離を飛んで、きょうは随分飛んだ感じ。
中:エリアはこんなロケーションであります。
右:こういう川の合流点は水温差で大気が乱れることがあるそうです。

100314☆a25 100314☆a26 100314☆a27
左:Hrsw機が土手沿いをローパス。
中:エリアでは離陸準備ちゅう。
右:ブンブン丸があがってきました。スピードが速いのだ。

100314☆a28 100314☆a29 100314☆a30
左:きょうも無事にフライトを終え、熊本ラーメンのお店に。やはりブロガーだけに、何でも写真を撮る。
中:かん水を使用していないのか、ストレート麺がもちもちして美味い。スープは焦がし大蒜に角煮が乗る。
右:夕焼け空のもと、帰っていくのでありました。
この記事のURL | フライト状況 | CM(2) | ▲ top
伊勢崎名物神社コロッケ
- 2010/03/13(Sat) -
100313☆a00
「毎度~」河川敷まで出前屋さんが来てくれるHNJエリア。有難い&有難い^^

100313☆a01 100313☆a02 100313☆a03
左:きょう土曜日はHNJエリアに。着くともうYkoさんが飛んでいたのだ。
中:早速支度をしてあがる。さすがにこの野焼跡はサーマルも強い。
右:荒れたサーマルでなく、大きなサーマルで楽勝であがるので、これも楽しい^^。

100313☆a04 100313☆a05 100313☆a06
左:そうは言えども、いつシンクに落とされるかわからないので、だましだましパワーをかけながら飛ぶ訳だ。
中:もうフライトスーツも要らない暖かさ。軽いウインドブレーカーだけで問題ない。
右:まだ雨量が少ない季節で、草の伸びも遅いので、エリアの管理は楽な季節ですね。

100313☆a07 100313☆a08 100313☆a09
左:日なたにいると暑いくらいのバカ陽気。
中:千春号から「伊勢崎名物神社コロッケ」の差し入れあり。
右:中身は青海苔のはいった粉物風コロッケで、衣にウスターソースが染み込んだ、お好み焼き感覚のコロッケなのだ。

100313☆a10 100313☆a11 100313☆a12
左:フライプロダクツC-Maxセルスターター版。
中:エンジンから出たエキゾーストパイプがほぼ地表と平行に出ている。
右:出ました、C-Max3ブレード。エキゾーストの角度が違うので、エンジンのマウント角度が違うことがわかります。

100313☆a13 100313☆a14 100313☆a15
左:HELIXの3ブレードはかっこいい。センターホールはスピンナー取り付け用だが、スピンナーの透明度が高すぎてほとんど見えない・・・本当に見えない・・・って何も付いてないか。(スピンナーの取り付け予定はありません)
中:こちらはリコイルスタートであるが、地上ではフットスタート用にこの様に紐を増設すればよいのだ。
右:3枚羽根はかっこいいが、補修時には泣かされる。

100313☆a16 100313☆a17 100313☆a18
左:ハーネスはフライのオリジナルタイプの物がつく。
中:一方、セルスタートバージョンはスープエア製が装着される。
右:リコイル用に、ステーを一段増設しているが、折り返しプーリー装着のため、バーを前方に出しているのだ。

100313☆a19 100313☆a20 100313☆a21
左:それでは実際に飛んでもらいます。
中:キャノピーは「LEO」という新しいもの。
右:ライザーは4本ライザーである。

100313☆a22 100313☆a23 100313☆a24
左:レオMサイズ27m2
中:若干大きめで浮きも良いのだ。カラーパターンはストームによく似ている。
右:ライズアップは非常に軽く、良いフィーリングだ。

100313☆a25 100313☆a26 100313☆a27
左:当然ながら千春号も飛ぶ。
中:そのバッドマン号はやはり巨大である。
右:エキパイの焼け色がこれまた良い色に光っている。

100313☆a28 100313☆a29 100313☆a30
左:コブラ隊長からビタミンCを採るよう、夏ミカンの配給を受ける。
中:午後はやがて風が強くなってしまいました。
右:そんなこんなで陽も暮れましたが、夕方が随分長くなった春の一日なのでした。
この記事のURL | フライト状況 | CM(6) | ▲ top
さわやかに梅薫りたる上里の寺
- 2010/03/10(Wed) -
100202☆a00
先週の日曜は天気イマイチで、午前中は周辺観光。上里町の西福寺に立ち寄る。

100202☆a01 100202☆a02 100202☆a03
左:表より境内の庭を眺めたるに、いと美しき造作にて、寺の大きさいかばかりと思いけむ。
中:その名も安楽山「西福寺」なむいいける。
右:入口に石碑在り。「大蒜(などの香りの強き物)、酒を山門より入りたるを許さず」と彫りたり。

100202☆a04 100202☆a05 100202☆a06
左:仰ぎ見やるに山門は木造の2層、屋根は銅葺きのげに立派なしつらえなり。
中:「阿」の形相の仁王像立ち居たり。山門より入りたる者に睨みを効かせおり。
右:また対面には、「吽」の形相の仁王像在り。「しばし待たれよ」のポーズなり^^。

100202☆a07 100202☆a08 100202☆a09
左:境内に入ると右手に鐘楼があり、この瓦葺きの屋根を眺むるところ、近年改築したものと思われ。
中:本堂は木造漆喰塗り、銅版葺きの屋根。天瓦には「西福寺」の銘がはいる。
右:さて、こちらには上里町の指定文化財が保存される。

100202☆a10 100202☆a11 100202☆a12
左:その板石塔婆を拝見させていただく。これは、鎌倉時代のもので、年は弘長4年(1264年)の作。
中:何やら文様のような物は梵字であり、仏陀発祥の地インドの古い文字で阿弥陀三尊を現す。
右:おりしも梅の花盛りとて、今が満開の時期ならむ。

100202☆a13 100202☆a14 100202☆a15
左:曇り空の薄日の元では、紅梅もげに淡く香り立つのである。
中:木立ちや枝ぶりも古風な大和の梅なれば、しばしその姿をめでるものなり。
右:雨に濡れ露にて塵も流れたれば、なをいっそう花鮮やかにして咲きおりたり。
この記事のURL | 季節の風物 | CM(2) | ▲ top
きんちゃん工場潜入れぽーと^^
- 2010/03/09(Tue) -
100306☆c00
土曜日の午後は本降り。そこで「きんちゃん工場」を襲撃することに。

100306☆c01 100306☆c02 100306☆c03
左:確かこのあたりのハズなんだが・・・。
中:ここだ。吹流しが目印。
右:本日の目玉のユニットを体験で、さっそく吊ってもらう。

100306☆c04 100306☆c05 100306☆c06
左:吊り方式は、ディスタンスバーから。この金具は穴位置で前後に調節可能。
中:上から見るとこんな感じ。
右:エンジンブロックは、ここでは3台目のC-Max。

100306☆c07 100306☆c08 100306☆c09
左:ディスタンスバーはネジで固定されているが、このネジを取ればスイング式のアクティブバーに変身するのだ。
中:乗り降りしやすいよう、外側方向には開く構造とした。
右:後方(エンジン側)から見た状態。収納時には、ピンを抜けば簡単にバーを分離できる優れもの。

100306☆c10 100306☆c11 100306☆c12
左:Tkzさんが体験してみる。
中:クレーンで吊るのでこれは楽チン^^。
右:これなら体重移動が効いていいわぁー。

100306☆c13 100306☆c14 100306☆c15
左:こっちにもあらよっと。
中:工場内に水平対向エンジンを発見。180ccで軽いのだ。
右:ツインキャブでこんなリンク構造でスロットルを制御している。

100306☆c16 100306☆c17 100306☆c18
左:GPXのボクサーエンジンを積んだトライクは、なんとオブジェとして飾られている。
中:本業の方は、食品加工の通称「味付けタンク」。こうして見るとピカピカで何かアート作品のような。
右:野生猫の餌缶も枡も食器もステンレスでピカピカ。しかしお客が多いので、猫達もシャッターから中を覗いてみるだけで、餌場にはとうとう姿を現さなかったのである。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(0) | ▲ top
噂のポリーニ日本上陸
- 2010/03/08(Mon) -
100306☆d00
噂のポリーニエンジンですが、X-GENERATION搭載ユニットが登場。イタリアのX-GENERATIONのサイトはこちらから。

100306☆d01 100306☆d02 100306☆d03
左:ガードパイプはアルミ製の楕円形。空力係数と強度を高めたという。
中:エンジンブロックは例のポリーニ100トール。20.5馬力、推力64kg
右:ユニット全体の乾燥重量はハーネス込みで23.8kg

100306☆d04 100306☆d05 100306☆d06
左:吊り方式は、丸棒のディスタンスバーによるアクティブシステムですね。
中:背中と肩の接触部分は通気性の素材で、バックル関係はすべてクイックリリース。
右:X-GENERATIONのロゴが刺繍されているようですね。

100306☆d07 100306☆d08 100306☆d09
左:塗装は焼付け塗装らしいです。
中:背負ってみるとこぉーんな感じ。
右:日本では、X-GENERATION JAPANが取り扱い、3月中旬に数台国内に入荷予定とか。また、全国をデモフライトするらしく、実物を見てみたいものですね。
とりあえず福岡に、トライク仕様とフットランチ仕様が来るという話です。
実際に担いでみた人の感想では、パワフルで静か。重量はPAPのステンレス版Top80と同等らしいです。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(0) | ▲ top
雨のブンブン丸訪問
- 2010/03/07(Sun) -
100307☆a00
日曜日は朝から雨。降り止んだら飛びにいこうと目論むも、雨のあがる気配なし。

100307☆a01 100307☆a02 100307☆a03
それでは、どこか襲撃をかけようと、ブンブン丸の家にやってきた。おりしもエキゾーストパイプのガスケットを製作中であった。

100307☆a04 100307☆a05 100307☆a06
ふむふむ、こんな材質のものなんだ。しかしデカい農家建築であります。機材などもいろいろありました。
またまた長居して、お邪魔してしまいました^^;

100307☆a07 100307☆a08 100307☆a09
雨続きで飛べない事はわかっているケド、エリアパトロールは回るのである。マリーゴールドエリアは、この季節畑のマリーゴールドは枯れてよい塩梅になっている。

100307☆a10 100307☆a11 100307☆a12
西側は、駅の関連工事で更に拡張しようとしているようである。なだらかな丘陵地で、これまた綺麗になりそうな感じであった。
この記事のURL | 機材・アイデアなど | CM(5) | ▲ top
春雨じゃ、濡れて参ろう
- 2010/03/06(Sat) -
100306☆a00
雨の中朝HNJエリアで1本飛んだ訳ですが、一旦撤収。コブラ隊長から昼ごろ電話あり。再度出撃します。

100306☆a01 100306☆a02 100306☆a03
朝8時「もしもしHndさん、もう飛んだっスか?」
「一度AKB55に行ったには行ったさ。でも草が濡れてるだんべ。飛べるっちゃぁ飛べるケド、キャノピーが干せなかろうって。はぁあきらめた。」
「今から出ようと思ったんスが?」
「これからじゃ、はぁ遅いだんべ。AKBよりHNJの方が雲のかかりがゆっくりだから、HNJだったら飛べるかも」

100306☆a04 100306☆a05 100306☆a06
・・・という訳でHNJエリア。犬連れのゴルフのおじさんが1人。それでも誰も居ないよりは心強い。
とりあえず1本飛んでみる。雨が顔をたたくが仕方ない。視界イマイチだが、風が安定しているだけでも儲けもの。

100306☆a07 100306☆a08 100306☆a09
利根川本川の流路を変更して、河道掘削をしようという工事とみた。大規模にやると底生生物に影響するので、自然に対するインパクトが強すぎるのだ。

100306☆a10 100306☆a11 100306☆a12
備前渠という古くからの用水路。利根川本川から導水し、河川敷を流下した後、利根川右岸堤防をトンネルで抜け関東平野を潤す。
風は穏やかなのに、雨がかなり降ってきた。ここは一旦撤収。

100306☆a13 100306☆a14 100306☆a15
先ほどの工事の様子を見に行く。河床砂礫を積み上げているのは、グラウンドを拡張しようという計画のようだ。
しかし洪水時には、水没する可能性大。

100306☆b01 100306☆b02 100306☆b03
一旦帰宅するも、昼ごろコブラ隊長から入電。ただいまHNJ到着とのこと。
それでは・・・ともう一度HNJエリアに向かうと、小雨の中飛んでいたのだ^^;

100306☆b04 100306☆b05 100306☆b06
その後は雨が本降りとなり、撤収した訳です。

IMG_7203.jpg
それからきんちゃん工場を襲撃したのは4名。長々と仕事の邪魔をしてしまいました。
その様子は、後日詳細アップ予定。
この記事のURL | フライト状況 | CM(6) | ▲ top
暖かいより暑い金曜
- 2010/03/05(Fri) -
100305☆a00
バカ陽気の金曜日、仕事が終わったら「飛んでる情報」のある神流川の藤武橋に。

100305☆a01 100305☆a02 100305☆a03
キムちゃんが飛んで降りてきたところであった。平日仕事が終わって直ぐきても、やはり夕方18時前。
さすがに飛べるとは思えず、ユニットも積まずに職場から直行でした。
しかしうす暗い中でも、最近のデジカメの性能はすごい。肉眼では相当暗くヘッドライトが必要なのに、くっきりなのだ。

100305☆a04 100305☆a05 100305☆a06
ブラックデビルですが、シスコモータースのC-Maxによく似ていると、巷の噂。
エアクリーナを替え、ヘッドを黒塗りしたら、まったく同じにみえるかも。
そんなこんなで、夕方フライトが段々できそうな、春の夕暮れなのでした。
この記事のURL | エリア情報 | CM(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。