1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雨の3日も降ればよい・・・^^;
- 2011/08/21(Sun) -
110821☆a00
せっかくの土日に雨なので困る。ナントカ殺すにゃ刃物はいらぬ雨の3日も降ればよい・・・フライヤーもそのひとつかも^^;
仕方なく近所の河川敷に行って見る。幅は狭いが風向きさえよければいいかも^^;

110821☆a01 110821☆a02 110821☆a03
左:暇なので、東国山フルーツパークを見学。確かに林檎など展示栽培されているし。
中:8月の林檎はピンポン玉よりチョイでかいくらい。その他の温室などの施設は雨なのでパス。
右:芝生広場・・・といっても狭いよねぇ。木が多いのが気になるし^^;

110821☆a04 110821☆a05 110821☆a06
左:猫ちゃんグッズをカイにペット館に。朝顔の鉢が強烈な密度でさすが・・・変なところに感服する。
中:どこの猫も眠たいようであります。
右:みな子犬・子猫だからカワイイのだ。

110821☆a07 110821☆a08 110821☆a09
左:昼は「来来亭」に行ってみましょうかと。なかなか行くチャンスが無かったのでこれもよい機会^^。
中:基本のラーメンが650円から。今ではどこも500円ではやっていけない。
右:旨辛麺・・・今では刺激過多のメニューは遠慮してしまうようになったのだ。


 110821☆a10 110821☆a11 110821☆a12
左:結局普通のラーメンと普通のチャーハンのセットで。おいらは麺固めがいいのだ。
中:カミさんは、これが麺柔らかめなのだ。で、温玉をトッピング。これも美味い。
右:麺は黄色っぽいストレート中太(標準)麺。ゆで加減も味も標準的でありながら普通に美味い。決してとっぴな味を追求するわけでなく好感が持てる。

110821☆a13 110821☆a14 110821☆a15
左:叉焼もほろほろと柔らかく手頃。葱も多めで気に入った。全て調度良いのである。
中:スープは正統派の醤油味。背脂は多め・少な目・ナシとか注文できる。これは普通。
右:チャーハンは醤油味でこれも好みピッタリ。この味ならまたぜひ来たいお店なのだ。きょうはタイミングよく待たずに着席できたが、食べて出ると大勢待ち客がいてびっくり。確かに人気のあるラーメン店・・・というのがよくわかったのだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメネタ | CM(2) | ▲ top
甘味大好き名古屋人^^;
- 2011/07/10(Sun) -
110710☆a00
また食べ物ネタな訳なんですが、名古屋名物と言ってもよいかな、コメダ珈琲店のシロノワール実食でござる。バニラアイスと熱いパンケーキの組み合わせは、ボリュームたっぷり^^。

110710☆a01 110710☆a02 110710☆a03
左:何せ車が無いので、移動も困るし機材が運べないのである。その画策のため日曜は小牧まで行ったのであった。
中:小牧城・・・と言ってもほとんど見えないケド^^;お山の上にあるお城なのである。
右:用件は済んでコメダ珈琲に。とはいえども資料映像なのであるが。何せ名古屋中心として郊外にたくさんある店。名古屋では用があっても、無くても喫茶店に行く習慣がある。

110710☆a04 110710☆a05 110710☆a06
左:何せ巨大なパンケーキなので、一人でクリアは困難を極める。二名実食でなんとかクリア。メープルシロップを上からタラーリとかけまわす流儀なのだ。
中:熱いデニッシュに冷たいバニラソフトの組み合わせ。で甘い上に甘いシロップだから、相当なもんである。
右:アイスコーヒーはブラックで充分。このマグカップが涼しくていいのだ。とにかく完食はしたものの、これでお腹はいっぱい。
 しかし、まだまだ名古屋の不思議な味覚はとどまるところを知らないのだ。これからはゆっくり&じっくりレポートできるものと思う。
この記事のURL | グルメネタ | CM(6) | ▲ top
馬田うりの季節かな
- 2011/06/18(Sat) -
110618☆a00
今シーズンは雨が多いですね。できれば土日は止んで欲しいところですが^^;

110618☆a01 110618☆a02 110618☆a03
左:増水状況を確認に甘木鉄道の橋梁を見に行く。きょう含め土曜日はずっと研修のため、当分はエリアに行けない。
中:西鉄の鉄橋もかなり増水しているが、元々の冠水ラインのクリアランスが浅いのである。うーん、日曜は飛びたいもんだなや。
右:またまた買物ネタしかないのである。手作りの味噌。この大豆も地元産というのがたいしたものである。

110618☆a04 110618☆a05 110618☆a06
左:こちらも、地元の伝統的品種である、馬田うり。普通のうりに比べ、太っちょで、肉厚で歯ごたえがカリッとしているのが特長。
中:ずんぐりした馬田うりの形がわかるだろうか。もうこの品種も栽培農家が減って細々保存栽培されている状況なのだ。
右:馬田うりも漬物にしても販売される。おいらはこれを買っていくのが手軽でよい。自分で漬物・・・なかなかできませんよね。

110618☆a07 110618☆a08 110618☆a09
左:こちらはよく似ているが白うり。これも一夜漬けにしてさっぱりとした漬物になる。いずれも初夏の味覚である。
中:おつくりも、ビジュアル化すれば美味しそう。真アジの刺身も長崎産の新鮮なもので、生姜醤油で食べたい。できれば若い酢橘を絞ると更に良い。
右:福岡はなぜか鯉を食べる根強い習慣がある。川魚も古来から食べられていたのである。それが証拠に鯉こく用のブツ切も毎日入荷している。味噌汁に入れるだけで独特の風味が滋養強壮によい感じがする。
 食べた瞬間、体に良さそうなものは、ニンゲンとして先天的にわかる感覚が、まだまだ残っているのだ。

110618☆a10 110618☆a11 110618☆a12
左:真鯛もお祝いごとにも丁度よい30cm位の上物。こんな良い型のが県内で釣れるなら万時都合が良かろうたい^^。
中:カマスでは、まずは塩焼き、そして椀もので吸い口には三つ葉か柚子で。これも近海物ならでは。物語で「イワンのばか」にカマスの話が出てくるので、春先にはまず初物を頂かないと春が来た感じがしない。
右:鶏の肝もホールで煮付けて出す。同時にキンカンも濃い目に煮付けてこれもおつな味。ビタミンAの補給用には定期的に食べたい一品。
 いずれにせよ、地元の山海の恵みにより、新鮮で体に良いものを摂取することが、有難く嬉しいことなのである。
 「瓜売りが瓜売りに来て瓜売り残し、売り売り帰る瓜売りの声」
この記事のURL | グルメネタ | CM(0) | ▲ top
有明海の恵みで・・・
- 2011/06/15(Wed) -
110615☆a00
おおーっといつの間に。ここ一週間で麦刈りが完全完了してます。それにしても雨降るなかどこの圃場も一気の早業だったですね。これから大急ぎで水田に衣替えするわけです。

110615☆a01 110615☆a02 110615☆a03
左:まず飛びネタもなく仕事が立て込むと、買物ネタしか題材がない。ヨコワ・・・というのはクロマグロ(本マグロ)の幼魚であるが、幼魚と言えどもカシラがこの大きさなので、1m未満をヨコワと呼ぶのであろう。新玉葱とカブト蒸しか生姜煮付けで。
中:筑前煮・・・という表現はご当地では「ガメ煮」と呼ぶわけだが、ここは筑前・筑後にまたがるいわゆる両筑エリアな訳でして。国産野菜はともあれ買う。自分で料理する手間暇も無ければ材料の無駄もでないのだ。途中まで食したら七味を振り味の変化を楽しむ。
右:あみ海老のしおから漬け。これも有明海特産ゆえ、やはり地元なのである。韓国キムチを漬ける時に入れる。大根おろしの上にのせて頂くと辛口の地酒が合う。白ご飯もお替りしてしまう。

110615☆a04 110615☆a05 110615☆a06
左:麺類は3袋で百円・・・この勢いでないと^^。しかし名古屋なら「きしめん」が並ぶ位置に「ちゃんぽん」が鎮座するのが九州ならでは。
中:中華麺との違いは「かんすい」が「唐灰汁(とうあく:炭酸ナトリウム、炭酸カリウム)」を使うところ。調理法も具材を炒めてからスープを注ぎ麺を煮込む・・・家庭ならフライパン一丁で出来るのだ。これがまた驚いた事に国産小麦・・・それも地元の麦だという。地元でも大量栽培している小麦がこうして本当に製品化されているのである。
右:ここでまた不思議な食材を発見。「海茸粕漬」「貝柱粕漬」・・・いずれも有明海の特産珍味であるのだ。

110615☆a07 110615☆a08 110615☆a09
左:資料映像になるが、「海茸」とは有明海の浅い砂地に住む二枚貝である。有明海ではうみたけねじりという十字型またはT字型をした漁具を水中に入れて回転させ、横棒に水管を引っかけて取る。主に水管を食べる。象の鼻とも呼ばれる。
中:これも自作するセットまで売られている。自分で酒粕に漬けてよい塩梅で食す。誰がそこまでやるのか・・・とも思うが、言わば自家製の漬物感覚なのかも。
右:もう一方の貝柱の粕漬は、タイラギガイの貝柱を漬け込んだもので、これも有明海特産である。日本の沿岸部では房総半島以南が生育地であるので南方性であるが、有明海では大量捕獲されるのである。
 どうもご飯のおかず系よりも、珍味・おつまみ系に地元の特産品が多いので困ってしまう。
いずれにせよ、有明海の摩訶不思議な海産物も地元に出回り、古来より親しまれているのがわかる。これも「秘密のケンミンネタ」に相通ずるものがあるのだ。
この記事のURL | グルメネタ | CM(0) | ▲ top
イノゴン邸での焼肉宴会
- 2011/06/12(Sun) -
110612☆b00
Aちゃんはじめ皆さん音楽好き。ドラムでも何でも演奏してしまうのだ。パラフライヤーとはまた違う世界。

110612☆b01 110612☆b02 110612☆b03
左:イノゴンさん家のたんぼ。ここから離着陸できるそうだ。麦刈りが済んでからねー。
中:それできょう土曜日はイノゴンさん邸で焼肉宴会。みなパラフライヤーでなく地元の皆さんなのだ。
右:愛犬ゴンちゃんも肉が食べたくて食べたくて仕方ない。

110612☆b04 110612☆b05 110612☆b06
左:バイク倉庫を見せてもらえば、何と総勢20台くらいある。
中:ほとんど稼動するし、実際乗っているものもある。ここはバイクショップかい?
右:焼肉宴会をはじめたら、雨が止んで皆さんの心がけがいいのかも。テント掛なので、雨も平気です。

110612☆b07 110612☆b08 110612☆b09
左:きょうはハンドルキーパーもいて、ドンドン飲んで盛り上がる。この後、焼きソバ、焼きおにぎり・・・と続く。
中:Aちゃんがイノゴンさん邸のピアノを弾く。これも久しぶりのことと言う。この曲を聴くのも久方ぶりである。
右:多趣味なのでロデオから何からいろいろ山積みしている。こう考えるとパラモーターはほんの一部に過ぎない。


イノゴンさん宅のピアノ拝借・・・Aちゃんによる演奏・・・久々に聴いた「エリーゼのために」実は演奏練習したことはなく、耳で聴いて覚えて弾いているのである。

110612☆b10 110612☆b11 110612☆b12
左:ギターもたくさん置いてある。きょうのお客さんたちも、みなギターを弾く。
中:二次会は、毎度の「マーメイド」へいらっしゃいませ~^^。
右:こちらは普通のスナックであります。誰がお客さんで誰が店員さんなのか、あいまいなところが朝倉流。

110612☆b13 110612☆b14 110612☆b15
左:はい、皆さんギターもいきます。Aちゃんも弾くし、歌もうまいので驚く。きょうは皆さんの歌のレベルが高い^^;
中:それでは改めて乾杯しますよー。
右:当のイノゴンさんは、毎度のことながら爆睡してしまう・・・お疲れさまでした。それとご馳走になり楽しい宴会を有難うございました。
この記事のURL | グルメネタ | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。